素晴らしい演奏!

 ギタリストの新野英之さんが、YouTube でその素晴らしい演奏を公開してくれました。曲目は三曲ともに私の編曲です。ぜひお聞きください!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 

 


基礎練習-3

 今回は「(指の)独立 independence」についてです。
 ここで紹介している左手の練習は、確か F.タレガのたくさんある練習課題の中の一つだったと思います。この課題のポイントは三つ。
⑴ 「1・3」「2・4」の日本の指を同時に正確に抑えられること。指のストレッチを使って。
⑵ 次は同時ではなく「交互に」弾く。その時指の移動のタイミングが変わるので、注意。(上声の音を切らない)
⑶ 弦の間隔を開けていくことによって、ストレッチ及び、肘を使った拡張のサポートを覚える。
・・・以上三つです。
 もう一つ後半の右指の練習では、アクセントを入れることによって、それぞれの指の独立を覚えます。
 どちらも大事な練習で、根気が必要ですが、チャレンジしてみてください。
 明日は「左右の同期」について。

 

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


基礎練習-2

 「daily Practice 基礎練習-2」はトリルとアルペジオがテーマです。
 前日は左手の基本的な動きとして「上行/下降」のスラーの動きを練習しましたが、トリルはこの「上下行」スラーの動きを交互に連続したものですから、スラーの技術ができていなければトリルも結果的にうまくできません。トリルとは反対の動きである「モルデント」の場合も同様です。
 アルペジオの練習は指をそれぞれ別の弦に配置して、そこから単純な指の組み合わせを練習していきます。最初は「二つ」次に親指も加えて「三つ」。最終的に「六つ(6連符)」までを練習します。
 ツイッターで毎日解説を加えています。私のツイッタアカウントは「@Shingo_Fujii」です。

 

 

 

 なお YouTube ご覧いただきましたら、チャンネル登録もよろしくお願い致します。

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


スピーカーはUSBスピーカーをお薦め!

 スピーカーもやはり、ラップトップの内蔵よりも外部にあった方が何かと好都合、そして音も圧倒的にいいでしょう。そこで、USBスピーカーが便利なのですが、ただし購入の際は気をつけましょう。「USBスピーカー」と謳っていても、ただ単に電源(パワー)をUSBから供給するだけで、音声データはジャックから、というタイプが多いです。音声データもデジタル信号でやり取りした方が、少なくともノイズは圧倒的に少なく、音質も良いようです。

 私が2年前から愛用しているのは、サンワサプライの「MM-SPU9BK」という代物。これは出力も大きく(25.6W)快適です。

 

 

speaker-1

 

 

 左右を適当な距離離して、いい感じです。

 

 

speaker-2

 

 

 Amazon でもまだ購入できるようです。

 

 

 

 


Twitter で「基礎練習」について

 昨日から Twitter で「基礎練習」について、ビデオ付きでツイートすることにしました。ツイッターが140秒間のビデオだったら簡単に投稿できることを知ったので、気軽に始めてみたら、140秒というのはなかなか収まりきらない時間です。ノーカット版は YouTube にアップしていますので、ご覧ください。毎日七日間続けるつもりです。
 なお、私のツイッタアカウントは「@Shingo_Fujii」です。

 

 


ジュリアーニの小品 - 1

 大曲、しかも難曲で技巧的な作品がよく知られるイタリアの作曲家、M.ジュリアーニ(1781 - 1829)ですが、多くの作品を残しており、実は小品にも美しいものが多々あります。そう言った小品の中からいくつかご紹介してまいりたいと思っています。
 作品73の「十のバガテル」から第4番 Andantino はスコットランド民謡のような曲で、素朴な旋律が印象的です。
 作品100「24の練習曲」は興味深い副題「カデンツァ、カプリース、ロンド、そしてプレリュード」が加えられており、いずれも完結ながら様々なスタイルの小品です。今回は第13番の「Affetuoso 慈しみをもって」、情熱的な曲です。
 楽器は Johann Bucher (1792-1856 / Wien)。

 

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


月光

 この曲は「月光」という愛称で親しまれ、また練習曲としてもよく知られた曲です。F.ソル(1778 - 1839)による「練習曲 作品35-22、ロ短調」ですが、このニックネームは作者によるものではなく、後世の誰かがつけたものです。有名なベートベンのピアノソナタ「月光」に擬えたのでしょう。面白いことに「月光」の呼び名は日本だけではなく、海外のギタリスト達もこの曲を「Moon Light」と呼んでいます。
 当時の楽器、J.Bucher (1792 - 1856)で演奏しました。

 

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


Andante Sostenuto (A.Diabelli)

 A.ディアベリ(Anton Diabelli 1781 - 1858)はドイツの生まれで、ウィーンで活躍、没した「作曲家/ピアニスト/ギタリスト」ですが、ジュリアーニとほぼ同じ時代の人で、ウィーンでも親交がありました。ギターのために、あるいはギターとピアノの曲なども残していますが、その中の一つ、ギターのためのソナタ第3番から「アンダンテ・ソステヌート」をお聴きください。
 ただし、ずいぶん前の演奏です。これまで YouTube には実際の演奏会の録画しか公開してこなかったのですが、このコロナウィルスのせいで自宅にいる時間が長くなり、また皆様に少しでも楽しんでいただこうと思って、自宅で録画するようになってみたら、楽しくなってきたところです。とというのも、iPhoenで録画するためのマイクを買ったことや、MacbookPro に既にインストールされていた iMovie 11 というソフトを、やっと、なんとか使えるようになってきたからです。(これも既に相当前のものらしいですが、結構優れもの!)
 この演奏は2009年のものです。ここにお聞きいただくように、会場に聞こえる外の通りの音が実際よりもよく聞こえています。自宅録音のものと比較するとよくわかります。(自宅で撮りなおそうかな・・・?)その上、以前のビデオ編集ソフトでは、縦横の比率をなんだか間違って作っていたので、今回 YouTube から古いものを削除し、新しくビデオを編集し直してみたものです。2009年12月(第39回「2009年を振り返って」)の演奏です。ぜひお聞きください。

 

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 


ジュリアーニの「バラ La Rose」

 日本のあちこちでバラが咲き始めました。
 Mauro Giuliani (1781 - 1829)に「私の好きな花選集 Choix de mes fleurs chéries, Op.46」という曲集がありますが、その第9曲目が「バラ La Rose」です。ジュリアーニの時代の楽器、J.ブッヘルを使って演奏してみました。ジュリアーニというと、華やかで技巧的な曲がよく知られ、演奏されますがこの曲のような優しさや、典雅な音楽も彼の本質の一部である事は間違いありません。お聴きください。

 

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


ONLINE LESSON をやってみて・・・

 GW も終わって、普段の生活に戻った筈です。非常事態宣言を延長した筈なのに、個人や個人経営の商店などが独自の判断で営業を再開したり、更には政府まで(首相が)今月半ばには、また変な理屈を付けてこれを解除しそうな雰囲気がムンムンで、心配は尽きません。日本は今、そんなことをしている場合ではないと思うのです。

 

 さて、4月から始めた ONLINE LESSON も、私の生徒達はだいぶ慣れてきたようで、それは私も同じ事です。最初は幾つもの不安があったのです、最大の不安は「果たしてインターネットなんか使って、レッスンになるのだろうか?」ということでした。生徒にもその気持ちはあっただろうし、正直に云って私にもありました。

 しかし一ヶ月が経ち、今強く思うのは ONLINE LESSON に移行して良かったという安堵感です。もしこれをやっていなければ、生徒達の中にはは勉強の進行をストップしてしまう者もいただろうし、そうでないとしても、ここまで継続してきたものがあっというまに、遠いどこかに行ってしまっていたかもしれません。

 

 

ONLINR LESSON

 

 

 もう一度正直に云いますが(少なくとも私の自宅に習いに来ていた生徒達のレッスンに関しては)、ONLINE LESSON になったからといって、私自身が十分に教える事ができなくなった、とは全く思っていません。なぜなら、実際に対面でレッスンしているときと同じ時間を、コンピューターのモニター越しに過ごして、彼らとの交わされるコミュニケーションに、ONLINE だからといって何ら不足を感じる事は無いし、また私も彼らに伝えきれないことがあるとも感じた事が無いからです。
 最初は少し戸惑いもありました。しかしじきに「ONLINE LESSON と対面のレッスンは違うものなのだ」と考えるようになりました。なぜなら、生徒によってはコンピュータの機能も様々ですし、ネット回線の条件も違いますし、またマイクやスピーカーもきっと様々だと思うのです。つまり私が手本として弾いてみせても、その音が生徒の方にはどのように伝わっているか解らないし、またこちらに伝わって来る音も果たしてどの程度、生の音との差異があるのか判断が尽きかねるのです。
 私は音楽において「音」と言うのはとても大事だと思うし、またギターのレッスンなどではどのように音を出すのか、今の音は良いのか悪いのかと言う判断なしには、話を前に進めないと言う側面が基本的にはあると思うのです。しかし、ONLINE LESSON ではおそらくそのことは求めては行けない、どんなにネット回線の条件が良く、機器の質が良くても、生の音のニュアンスとはほど遠いだろうと思っています。私はそれを求めないことにしましたが、だからといってレッスンの内容が希薄になると言う事は決してありません。
 むしろ「音」の事にばかり拘っていると、そのほかの事が疎かになると言う場合さえ、実際のレッスンではあったかもしれません。今はそのことを(音のことを)レッスンの第一前提として置かないことによって、私自身が生徒へのアドバイスを、テンポの事やリズムの事、または練習の仕方の説明や、曲に対する考え方などに焦点を絞る事ができ、むしろ今までと違ったレッスンを出来ているように思え、嬉しく思っています。
 この状況が永遠に続くわけではありません。音についてはまた近いうちに、実際に生の音を聞いて勉強ができますし、何も今この方法にそれを求める必要はないと考えているわけです。

 

 


<< | 3/96PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

7月25日[土]
《寄せる思い》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM