道具、古い付き合いで・・・


 この写真には三つの道具が写っています。一番手前が YAMAHA の MIDI音源(sound generator)で「MU128」という機械。そのうえにのっているのが Roland のオーディオインターフェースで「UA-3」、そして一番奥にある小さなものは、やはり Roland の MIDIインターフェース「UM-2EX」です。楽譜をコンピュータで書いた時(Finale)、その音を鳴らしてくれます。これはとっても便利で、このお陰で手書きの頃のように、頭と手が違う音になると言う事は、耳でチェックしてくれるので、殆ど無くなりました。こういった道具が無くても、コンピュータに内蔵された音源でもそれは出来るのですが、10年以上前はその音がオモチャのコンピュータゲーム以下の音質だったので、長く聞いているととても疲れました。
 当時、YAMAHA の MIDI音源は正直言って私には大きな買い物でしたが、今もこうして何の問題も無く働いてくれるとても偉い奴です。最初はシリアルケーブルでつないでいたのですが、その後本体が Macbook になってからは、シリアルポートはありませんから、インターフェースを介して MIDI ケーブルで接続しています。数年前友人に大編成のオーケストラとギターの曲のスコア入力と音源を頼まれて、16チャンネルでは到底足りなくなり、MIDIチャンネルを増やす為にこの「UM-2EX」を買いました。
 オーディオインターフェース「UA-3」は Mac 本体のオーディオポートからスピーカーにつなぐよりも、USB でつないだ方が音がいいということで、最初に買ったものです。ところがこれはもう MAc OSX には対応していません。ところが今日、これを古い G4 (OS9) に接続して MIDI音源からのプレイバックを、G4 側で録音するという、いわばコンピュータによる「ICレコーダー」に成功しました。使ったソフトは「Sound It! ver.3」。ノイズも殆ど無く素晴らしい使い心地です。・・・これで、G4 はまたしばらく手放せなくなりそうです。



Sound it! 7 使ってます


 「録音」と言っても、勿論本格的なものではなく、自分で練習を録音したり、友人に資料として渡す「音源」を今はコンピュータで作っているのですが、カセットテープや MD を使っていた当時のことを考えると、本当に便利になったものです。
 ずいぶん昔から使っているのが、その編集ソフトがこの「Sound it!」です。昔、ローランドのオーディオ・インターフェースかなにかを買った時に「おまけ」で付いて来たのがきっかけで(ver.3)、使い易く、それ以来使い続けています。先日ヴァージョンアップが出て「7」になりました。さすが、処理が早いです。操作画面はこんな感じ。



 このソフトの良いところは、ヴァージョンが上がっても、操作の感覚がほとんど変わらないこと。だから継続して使う事ができます。どこぞの iOS とは大違いです。



iOS7 に、したけれど・・・


 やれやれ、という感じです。先日(9月13日)に Apple が iOS のアップデータ「7」を公開しました。私は現行「iOS6(写真左)」との付き合いはまだ一年にも満たず、またこれにやっと慣れ、且つ十分に満足、何らの不足も不満もなかったので、iOS7(写真右) を使う必要もなかったし、OS を移行して(いつものことだけれども)直ぐに不具合が発見されたり、バタバタするのがいやなので今日までそのままにしていたのです。いえ、正直なことを言うと、ずっとこのままで使っていようとさえ思っていました。しかし、生徒や周りの人達も iOS7 にしたし、実は前回の iPhone3G では iOS3 をなが〜いこと使って、しまいにはエライ目にあって、散々な苦労をして「4」にアップデートしたことがあり、しかももうそれは今の iPhone5 を購入する時期であった・・・、と言う経験から、ここは大人しくアップデートしようと、思い立ったわけです。

 iOS のデータ自体は iTunes でダウンロード済みだったので(ヴァージョンはすでに 7.0.2)、iPhone5 を接続してからのアップデート作業は数分で終了しました。無事に再起動し、まあ、無事に動いていますが、うわさ通り、このデザインは気に入りませんね。アイコンのデザインは最悪ですね。またアプリを使っている時の背景(メールなど)もやたらと晴れがましく、目がチカチカして文字が読みにくいです。早速「設定」から文字を太く表示するようにしました。

 またいわゆる「壁紙(・・・この言葉は Windows のものだったはずなのに、いつのまにか Mac でも使ってる、変だな?)」も、あのフニャフニャ動く機能も、迷惑さはあれ、何の嬉しさも感じない余計なもので、またアイコンの白々としたデザインのお陰で、さっきまで使っていた、我が最近作「AMISTAD」の表紙デザインではなんだかぼんやりするので、さっそくその前作「四つのリトルネッロ」の表紙デザインに変えました。ちなみに、これら現代ギター社から出版している私の作曲作品の表紙は、我が愛娘がデザインしてくれたものです。

 あまりお話しする事もないので、私の作曲したギター四重奏曲「AMISTAD(友情)」と「四つのリトルネッロ(Quattro Ritornelli)」の宣伝でもして、本日のブログを終了いたします。リンクをクリックして是非ご覧下さい!



せっかくだから RamDisk で高速化


 Macbook Pro に 16GB の RAM が無事にのって退院して来たら、勿論諸々のことが快適のなのだけれども、メニューバーに表示される「FreeMemory」の数字が、どんな作業をやっても「残り 10GB」を下回る事はまずない・・・。つまりいつも 10GB 以上が空き家になっていると言う事。最初 RAM が 4GB しかのっていない時にはすぐにメモリーがいっぱいになっていたのに、やっぱり Apple が設定した 8GB というメモリーは妥当だったようです。

 しかしまあ、せっかく RAM に余裕があるわけだし、なんとか活用しようと考え、OS 9 時代にはずいぶん活用した「RAM Disk」をまた使ってみようと思い立ち、探してみると「Esperance DV」という道具がある事とを発見。早速ダウロード、そして 2GB のRamDisk を作成しました。しかし、これを何につかうか、です。最近ちょっと遅くなって来たように感じていた Firefox のキャッシュをここに入れてみようとやり方を探してみました。(Esperance DV の標準仕様では Safari のキャッシュメモリーは簡単に設定が出来ます。)


http://ameblo.jp/wimpyabc/entry-10427452150.html

http://organ2orange.blog.fc2.com/blog-entry-24.html


 ネットでこれらの方々の情報に従い(・・・情報提供、ありがとうございます!)、RamDisk 内に「Firefox (Cache)」と言うフォルダを作成、 Firefox を「about:config」で開き、「browser.cache.disk.parent_directory」の項目を作り、「/Volumes/RamDisk/Firefox (Cache)」を設定。うまく行ったようです。本当に早いですね!



MacBook Pro 16GBへ - 2



 ・・・あれから色々試行錯誤を重ねていたのですが、結局 Mac の専門店 KITCUT に本体を持ち込みメモリーの増設をお願いしました。私の購入したメモリーが、偶然が重なって、3回とも(つまり6枚全部のメモリーカードが)不良品であったか・・・、あるいは私の作業のどこかに間違いがあったか・・・、もうわからなかったので、最後は「ショップ持ち込み」となったわけです。KITCUT はこれまでも幾度と無くお世話になっている、知る人ぞ知る Mac の専門店です。「(4+4)8GB」の増設をお願いして、女房と二人でのんびり昼食。45分経って KITCUT にもどり、本体を受け取ろうと思うと、なんとお店の方も「どうしても起動が出来ないんですが・・・・」とのこと。8GBのカードも試してもらったが、これもダメ。結局基盤に問題があるのだろうと諦めて、帰還。基盤を交換となると本体購入分くらいのお金がかかるからです。

 家に帰ってから色々考えたのですが、今回 Macbook Pro を中古で購入したショップの購入規約(条件)を見直してみると「一ヶ月間保証」とあるので、ダメ元でメールで問い合わせてみると、直ぐに電話がかかって来て、なんと検証するので直ぐ送り返して欲しいとのこと。最悪の場合は本体を交換してくれると言う事で、・・・いささかてまどり、時間はかかりましたが本日本体が帰って来ました! 結局、本体交換と言うことになりました。




 購入したお店は「Macパラダイス」というショップで、ここからの購入は初めてではありません。今まで何台か中古のMacを購入して来たのですが、今回は本当に対応の良さ、迅速さ、そしてアフター・ケアーの充実に、感謝しております。なんと、自分が購入していた「ADATA」のメモリーカードの事を話すと「そのメモリーも一緒に送っていただきましたら、カードに問題があるかどうかもチェックいたします」と言ってくれて、待つ事数日(間に連休が入ってしまいました)。結局同じ機種と本体の交換、そしてこのメモリーカードを装着した「16GB」の状態で送り返してくれました。本当に親切です。こういう良心的な対応をして頂くと「日本はまだまだいい国だな・・・」と思ってしまいます。(上の写真は自分でメモリー交換を挑戦していた時に撮影したものです)
 
 それにしても「16GB」は余裕ですね!


・・・また、しばらくこの Macbook Pro が私の仕事を支え、旅のお供をしてくれます。



空気清浄機でHDを冷却


 先日購入した Macbook Pro は訳あって、昨日より入院中です。本日より、いったん家内のサブマシンとして転勤していた Macbook が代役をつとめてくれていますが、外付けケースに引っ越した2.5inch の起動用 HD は想像以上に温度が上がり熱くなっています。やはり起動ディスクとして使うと、こんなに温度があるのでしょうか? 触ると「アチチ!」というくらいです。

 そこで・・・、写真のように、折りたたみ式譜面台を水平に倒し、空気清浄機の排気口の上に持っていき、その真上にHDを置いてみました(宙に浮いている状態)。う〜ン、効果満点! 空気清浄機の風量を「ターボ」にしたらHDはどんどん冷えてきました。わかった、HD 冷やすには、空気清浄機が一番! (ただし不安定につき、倒さないように要注意!)



MacBook Pro 16GBへ - 1


 購入したショップがすぐに対応してくれて、ネジが無事に届き、底板のネジと、HDの固定ネジは無事装着。ところが、交換してもらった SAMUSUNG 製の「4GB」メモリーが、またまた不良品。ビープ音が鳴り起動しません・・・、PRAM のクリアも試してみましたがダメ、何度やってもダメ。仕方なく再度交換をお願いしたのですが、また同じメーカーでは信用出来ないと思い、AK社のサイトを見るともう「4GB」は SAMUSUNG しか選択肢が無く、それではと掲載されていた「8GB」でいいから交換をと申し出てみると、在庫が無い、入荷の予定も無い、との返事。



 結局、このメモリー・カードは「返品/返金」として頂き、別のショップで別メーカーの「8GB」メモリーを購入することにしました。ですから、現在は購入時のままの「2GB + 2GB」で動いています。PhotoShop で少しレイヤーの重なったファイルを作る、などすると「メモリーが不足しています」というアラートが出ます。しばらくの辛抱・・・。メモリーが到着しましたら、またご報告いたします。



やっと、マルチ・モニターに


 今朝、モニターのアダプターが到着して、やっと数日前までの「マルチモニター」の環境が復活しました。MacBook Pro のモニターは解像度が高く、そのまま、まさにラップトップの状態で数日使っておりましたが、それでも快適でした。しかし、普段の自宅での仕事のことを考えると、やはりこの「大画面&マルチモニター」の環境は必須です。HD もきちんと固定されましたし、・・・あとはメモリーの増設だけです。



対応に好感!


 一時はどうなる事かと思った MacBook の「HD交換」と「メモリー増設でしたが」、本体を購入した中古Macの専門店 MP社、メモリーカードを購入した AK社、の二社にすぐにクレームをメールで送信して一昨日就寝したのですが、昨日の朝にはMP社から直ぐに丁寧な電話での回答をいただき、ネジを送って下さるとの事。そして今日到着したのが写真のもの。青色のクッション袋に入っていますが「ネジ5本」はあまりの小ささに、どこにあるのか見えにくいと思います。底板の3mmのネジ1本と、内蔵HDを固定する為のスクリューネジ4本です。丁寧なお電話と迅速な対応にとても好感を持ちました。

 実はこのMP社はこれまでにも何度か購入の経験があり、いつも何の問題も無かったので、当たり前のように毎回購入していましたが、今回の事で一層信頼を深めました。メモリーカードの AK社も直ぐにメールで返答をくれ、直ぐに小品を着払いで送り返すよう回答してくれました。今日さっそく宅配便で送りましたが、二三日後には新しいものが届く事でしょう。

 今回は二社ともたいへん良心的な対応をして下さって、良い気分の一日でした。



やっと、MacBook Pro が・・・


 夕食が終わってから、購入した MacBook Pro のハードディスク換装(350GB → 750GB Momentus)へ、メモリーカードを「4GB → 8GB」への作業をしました。中古で買ったものですが、このネットショップには何度もお世話になっているので、信頼して、直ぐに底板のネジをはずし作業に取りかかりました。


 ところが10本あるはずのネジが(長いネジ=3本、短いネジ=7本)、短いものが1本装着されていません。とりあえず作業を続け、HD 換装、メモリーの交換を行ってターゲットディスクモードで起動しようとしたのですが、・・・できません。ビープ音がして起動出来ないのです。色々試した結果、メモリーカードに問題があるようです。購入時の「4GB(2GB x 2)」に戻すと無事起動。さっそく明日ショップに交換を申し入れようと思います。


 その作業の間に、750GB の HD には現在使っている MacBook のクローンを移植。とりあえず起動しました。データの移植には3時間半かかりましたが・・・。ところがここで更に問題発覚。内蔵の HD を固定する時に両サイドに4本のスクリューネジが付いている筈なのですが、それがありません。トルクスドライバーで装着する特殊なネジです。これも明日ショップにクレームを付けようと思っています。ラップトップですから、これでは堪ったものではありません。現在 HD はこの本体の中で、大人しく「お座り」しているだけの状態です。


 さあ、これでひと安心と思って、いつものように21インチの外部モニターにつなごうと思ったら、今度はそのケーブルが合いません! これも困る! 私は自宅ではラップトップを外部モニターで使っているからです。MacBook Pro のこのタイプ(Early 2011)は「Thunderbolt (MiniDisplayPort)」なのだそうです。これまでのは「DisplayPort」というのだそうです(・・・たしか)。これも取り寄せなければなりません・・・。ああ・・・、ため息です。


 まあ、とりあえず本日昼までと全く同じ環境で、MacBookPro を起動出来たので、良しとします。続きは明日以降、少しずつやることにします。まずは、「男は黙ってサッポロビール」の深夜3時半です。



<< | 2/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

1月27日[土]
《一月一日 January 1st 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM