今年最初の演奏会は雪に包まれて

  • -
  • 2019.01.28 Monday
  • 00:11

 天候の行方が心配でした。予報通り午後には雪が降り始めました。家を出る頃には風も強くなり、まさに「吹雪」でした。(写真下)

 

 

snow-1

 

 

 今回は1781年生まれの Anton Diabelli のギター曲で始まりました。前奏曲とソナタ第1番。次は同じ年に生まれ、またウィーンで交流のあったイタリアの作曲家 mauro Giuliani の小品。当時の音楽スタイル、あるいは親交があった故のよく似たスタイルが伺えました。あとは Villa=Lobos の前奏曲を5曲。
 後半は「一月一日(=プレゼント編曲)」と「春の海」、いずれも私の編曲です。実は私は自編の「春の海」を弾きながら、ヴィラ・ロボスやブローウェルのギター作品の響きを連想しています。次に演奏したタレがはギター本来の響きを、そして最後のブローウェルは私が最も好きな「過激な」ギターの響きです。
 コンサートが終わって会場の前の道に出て見ると、雪景色でした。(写真下)

 

 

snow-2

 

 

 車にもこんなに雪が積もっていました(写真下)!

 

 

snow-3

 

 

 今回も遠方から来てくださった方がいらしたので、悪天候が心配されましたが、無事に会場で姿を拝見してホッとしました。またいつも仲良く聞きにこられるご夫婦や、新聞を見て聞きに来てくれた若い女性など、色々な方に聞いて頂けてとても嬉しかったですが、なかでも若い頃教えていた大阪音楽大学時代の生徒が20年振りに来てくれて、大変驚くと同時に、演奏する事だけでなく教える仕事も続けてきて、本当に良かったと思える瞬間でした。
 今年最初の演奏会が終わって、そして「春の海」を演奏して、やっと私の「正月」が来た気分です。そこで今日は「お正月にどうぞ!」と、生徒が送ってくれた新潟のお酒を頂きました。緻密で濃厚な味わいと舌触りが、心地よい気分に誘ってくれました。
 来月は、2月23日《螺旋 Spairal》です、お楽しみに!

 

 

sake


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

4月20日[土]
《春来 Spring 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM