宝石箱を覗くようなポンセの「前奏曲集」

ponce

 

 

 

 ポンセの前奏曲は私が若い頃からセゴビアの演奏でとても良く慣れ親しんだ曲で、学生の頃には良く演奏もした曲です。ショット社からセゴビアの校訂で12曲が出版されていましたが、1981年に Tecla 出版からアルカサール(Miguel Alcazar)の編集によって24曲が出版されます。しかしポンセは24曲をまとめていたわけではなく、セゴビアとの書簡集の中でそのことが語られているだけで、実際に欠落している「ト長調」はアルカーサルがポンセの他の曲を編曲して24曲としています。しかしアルカーサルは後に Etoile 出版から「ポンセの手稿譜による全曲集 Obra completa para guitarra de Manuel M. Ponce」という大部の楽譜を出版し,そこには興味深い資料が数々含まれ、当然「24の前奏曲集」もそこに含まれるわけです。
 問題のひとつはポンセ研究家であるアルカーサル氏のこの二つの出版物で(前奏曲に関して)少なからぬ、そして看過できな相違があり、その点については何ら述べられていないという点です。
 二つ目の問題は、この曲に限らずセゴビアの為に書かれた作品の多くはセゴビアによる入念な校訂(編集)が行われましたが、それらの多くは作曲者との意見の交換が行われ、作曲者自身同意したものであろうけれども、それ以外のものに関しては(特にポンセの場合には)作曲者がほとんど「メモ」の様に書きとめ、残された(完成度の低い)楽譜である可能性があるわけです。ですから、遺品の中から発見された楽譜が必ずしも作曲者の考えを十全に書き留めたものではないと言う、なぜなら作者は「セゴビアがギターのための曲として仕上げてくれるだろう・・・」という前提で書いた楽譜であるという可能性は非常に高いと私は思うのです。
 とは言え、アルカーサル氏による出版の意味は大きく、私が慣れ親しんだこれらの曲も、セゴビア版とはまた違ったポンセの音楽の側面を感じさせ、私を興奮させるものです。ポンセのギター曲のほとんどはセゴビアの演奏によって世に紹介されたわけですが、ともすればそのせいでポンセの音楽がいつもロマンティックなものであると思い込んでしまう危険があります。これらの前奏曲にしても、アルカーサル版から聞こえて来る音楽は時々、ロマンティックと言うよりも印象的であったり、濃厚だと思っていた色彩が、実はもっと透明感のある済んだ色合いであるのではないかと思える場合があります。そしてポンセがギターと言う楽器にこれ程までに様々な可能性を感じ、多くの音を書き綴っていた事に、私は更に興奮し、さながら極上の宝石が詰まった宝箱を覗いているような気分になるのです。

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

7月28日[土]
《間奏曲 Intermezzo 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM