甘酒(2)

 これは、いわゆる「生甘酒(なまあまざけ)」です。普通の甘酒と何が違うかは後述しますが、作り方は普通の作り方だと思います。89歳になる母から教わったやり方や、ネットにある様々なやり方を参考にしました。

 

 

(1)米を炊飯器に・・・
 お米は通常の白米、または玄米。餅米もおいしいそうですが、私はまだ使ったことがありません。白米は舌触り、喉越しともに柔らかく、きめ細やかな仕上がりになります。玄米は白米の場合より甘みが強いようですが、プチプチとした食感が残ります。私はその食感もまた好きです。今回は白米と玄米をブレンドしてみました。写真は「白米+玄米=約 1.5合」くらいです。

 

 

amazake-1

 

 

(2)お粥に炊く
 炊飯器のスイッチを「お粥」セットして炊きます。水加減は何度かやって好みの仕上げになるようにすれば良いですが、通常のお粥を炊く時よりは少し「多め」でやってみてください。

 

 

amazake-2

 

 

(3)冷ます、温度は50℃から60℃に・・・
 お粥が炊きあがったら、炊飯器のふたを開けて「50℃〜60℃」に冷まします。60℃以上になると麹菌が死んでしまうそうなので、温度の管理は大事です。私はネットで購入した、タニタのデジタル温度計で温度を測りました。今の時期ですと、炊きあがってから約30分間、炊飯器の蓋を開けっ放しにしておけば60℃を少し下回る温度になります。写真では、白く見える白米に混じって玄米が少し茶色く見えています。

 

 

amazake-3

 

 

(4)米麹を投入
 麹は乾燥したタイプの米麹を使いました。ネットなどではこれくらいの米の量には、米麹を200gと書いています。私も最初はその分量を入れていましたが、米麹と言うのはけっこう良い値段がします。近所のスパーで買っても「200gで300円くらい」します。最近はその半分の「100g」で作っていますが、出来上がった結果にはほとんど違いはないように思います。

 

 

amazake-4

 

 

(5)米麹を混ぜて10時間待つ
 温度が「50数度」になったら「100g」のこ目麹を投入し、よく混ぜます。温度が下がらないように、炊飯器は「保温」状態にしておきます。最初米麹を投入したとき、上手にご飯と混ざらなくても気にせず、1時間後、2時間後と、2〜3回撹拌してやれば大丈夫です。1時間後にご飯がもっと柔らかくなって、発酵のせいで水分も増えて来て混ぜやすくなっています。あとは10時間くらい放置、待つだけです。上に布か、薄いタオルをかけておきましょう。

 

 

amazake-5

 

 

(6)完成
 (5)までの作業を夜の11時頃にやりました。そして、一夜明けて朝見て見るとご覧のような状態に。炊飯器の保温スイッチはここで切り、常温になるまで冷まし、適当な器に移し、冷蔵庫で保存します。ネットなどでは、約に倍に水で薄めて飲むと良い、とアドバイスしていますが、私は昨日も書いたように炭酸で割って・・・。また待った薄めること無く、「冷やしたお粥」の様な感じで、頂いておりますが、巷で話題になっている「飲む点滴」の効果はわかりませんが、とにかく美味しく、胃にもたれることも無く、また消化器系の調子も至って好調なのは、この甘酒のお陰ではないかと思っております。

 

 

amazake-6

 

 

(7)生甘酒とは?
 さて、最初に書きましたようにこれは「生甘酒」なのですが、一般的には(6)の段階で一度鍋に移し、火にかけ、沸騰させ、味が変わらないように(それ以上発酵が進まないように)します。私も以前はそうしていました。しかし、加熱することによって、せっかくの身体に良い成分(飲む点と言われる由縁のもの)が激減してしまいますから、私はいまはそれはせず、直ぐに冷蔵庫にいれ低温保存、そして味が変わると言う心配が生まれる前に、食べきっていると言う状態です。ですから「生甘酒」です。とても美味しいです。そして色々な食べ方が出来ます。「甘酒」という名前から、なんだかお酒の一種のような気がしてしまいますが、アルコールは全くありません。「発酵お粥」と言った方が正しいでしょう。
 これを定期的に食べるようになって、お腹の調子がとってもいいです。(下の写真は冷蔵庫に保存しているもの)

 

 

amazake


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

10月27日[土]
《はじまりの音楽
The Dawn of Music 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM