三月は、グラナドス追悼

note

 1916年の3月24日、米国公演を終えて帰国の途にあった E.グラナドスは、ドイツ海軍の潜水艦の魚雷攻撃により、英仏海峡に沈み還らぬ人となりました。また、いったんは救命艇に救い上げられたものの、波間に翻弄される妻アンパロの姿を見つけ、再び大海原に身を投じ最期を迎えたとも伝えられています。

 グラナドスはギターのための作品は一曲も書いていないのに、彼のピアノ曲などの多くがギター用に編曲されしばしば演奏されるのは、その内容がスペイン的であるとか、ギター的であると言うことも要因の一つではあるのでしょうが、私は彼の音楽がいつも、あたたかさや、愛情に溢れているから、と思っています。

 今年はそのグラナドスが亡くなって丁度100年となるので、各地でそのようなコンサートや出版が行われるようです。私のコンサートシリーズでも、今年はグラナドスの作品を毎回演奏して行こうと思っています。三月は《1916》と題して、何曲かグラナドス作品を演奏します。(コンサートの詳細は上のチラシをクリックしてください!)




コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

1月25日[土]
《春の海
Haru no Umi 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM