7月の「藤井眞吾 コンサート・シリーズ」開催

note

 

 

 7月25日に予定しておりました「第155回 藤井眞吾 コンサート・シリーズ」は開催の予定です。
 先月の下旬頃にマンサーナと相談し、京都は数日間感染者数がゼロを継続していたので、7月は開催しようという方向で考えておりました。上のチラシにありますように《寄せる思い Longing》のタイトルで開催いたします。
 ところが、そう決めた頃から東京では再び感染者数が増加を始め、とうとう本日(7月1日)は「67人」。また京都も先日再び数人の感染者が出て、それを受け、西脇知事は6月29日に「注意喚起基準に達した」と発表しました。
 私たちも「開催」を決めたものの、正直に申しますとこのような状況では、一週間後、二週間後がどのような状況になっているか見当がつきません。いえ、おそらく日毎日毎に判断を左右される状況が出てくるといったほうがいいでしょう。そこで、25にちは開催の方向で準備を進めますが、一週間前の7月18日に、中間報告的に開催に関して発表をしたいと思っています。
 また、ご来場頂く方々には以下のことを、あらかじめ了解いただきたくお願致します。
 (1)入場者数を「15席」に限定(ソーシャル・ディスタンス)
 (2)予約者のみ、当日券はありません
 (3)奏者(藤井眞吾)はマスクをいたしません
 (4)来場者のマスク着用は個々人の判断に委ねます
 特に「(3)奏者(藤井眞吾)はマスクをいたしません」をご了承ください。マスクをしながらの演奏はきわめて困難ですので。また座席間の距離を取りますので、お聞きいただく皆様にもマスクの着用をお願いするものではありません。
 この三ヶ月間、いろいろなことを考えました。結局は「演奏会、音楽会って何だろう?」という問いに答えなければいけませんでした。社会の一員として、ウイルス感染拡大を防ぐには「集会」に類するものはしない、ということが大原則になるでしょうから、私の演奏会も、「集会」の一種であると考えられますから、「やらない」という決断が最も好ましいのかもしれません。しかし、コロナ・ウイルスが存在する限り、その考えを徹底するなら、しばらくの間演奏会はできなことになりますし、もしかすると私が生きている間にはできない、なんていうことにもなりかねないわけです。それが極論であったとしても、ではどのような形で開催が可能であるかという結論に至るのは、容易ではありませんでした。
 そして、今日このように「7月25日」の開催を発表はしましたが、この先状況が変わっていくことは容易に推測ができますので、この決断を覆さざるをえないこともありうるわけです。
 まずは皆様に、上記の状態での開催を許容いただけること、そしてわずか15席での開催ではありますが、少しでも「生の音、生の音楽」をお楽しみいただける時間を共有できることを心から願ってやみません。

 

 


六月の公演も中止

 緊急事態宣言は解除となりましたが、東京や北九州ではまた感染者数の増加が報じられています。可能な経済活動を再開する事は社会的には避けられない事なのでしょうが、皆が安心していいと言う状態からはほど遠いと感じています。今はまだ正直に云って、仮にコンサートを開催しても、不特定多数の皆様に「演奏会にいらして下さい!」とは声をかけられる状況ではありません。したがって、6月27日の「藤井眞吾 コンサートシリーズ」も開催中止といたします。(この日は私の誕生日なので、自宅で妻と誕生日を祝うこととします。)

 

 

note

 

 

 ・・・しかし! 7月は多少無理があっても開催したいと考えています。「無理」と申しますのは、自宅自粛も緩和され、県境越境が自由になっても、やはりウイルスが私達の生活環境から姿を消すわけではないでしょうから、そうすると演奏会があっても、そこに出かけようという気にはなかなかならないだろうと、・・・そう思うのです。当然のことです。
 「藤井眞吾 コンサートシリーズ」の会場は小さな会場ですので、今提唱されている「ソーシャル・ディスタンス」を目一杯にとると、本当に数人しか収容できないことになってしまいます。せめてその辺の条件が緩和されているなら、聞きに来て頂ける方々の範囲が限られていても、開催したいと思っています。7月に、また皆様にお会いできる事、願っています。

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


麗しき五月

 コロナウィルスの影響がなければ、今日は京都でのコンサートのはずでした。そしてきっとこの曲を弾いていたはずだと思うので。昨日はこの私の編曲を新野英之さんが素晴らしい演奏で、YouTube に公開してくださいました。作曲でも、編曲でも、いい演奏をしてもらうととても嬉しいものです。音楽にはもちろんの事、そのこと自体にも感動してしまいます。
 私はシューマンと同じ時代にウィーンでギターの製作をしていた「ヨハン・ブッヘル」の楽器で演奏しています。
 ・・・さて来月はどうなることやら?

 

 

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


Andante Sostenuto (A.Diabelli)

 A.ディアベリ(Anton Diabelli 1781 - 1858)はドイツの生まれで、ウィーンで活躍、没した「作曲家/ピアニスト/ギタリスト」ですが、ジュリアーニとほぼ同じ時代の人で、ウィーンでも親交がありました。ギターのために、あるいはギターとピアノの曲なども残していますが、その中の一つ、ギターのためのソナタ第3番から「アンダンテ・ソステヌート」をお聴きください。
 ただし、ずいぶん前の演奏です。これまで YouTube には実際の演奏会の録画しか公開してこなかったのですが、このコロナウィルスのせいで自宅にいる時間が長くなり、また皆様に少しでも楽しんでいただこうと思って、自宅で録画するようになってみたら、楽しくなってきたところです。とというのも、iPhoenで録画するためのマイクを買ったことや、MacbookPro に既にインストールされていた iMovie 11 というソフトを、やっと、なんとか使えるようになってきたからです。(これも既に相当前のものらしいですが、結構優れもの!)
 この演奏は2009年のものです。ここにお聞きいただくように、会場に聞こえる外の通りの音が実際よりもよく聞こえています。自宅録音のものと比較するとよくわかります。(自宅で撮りなおそうかな・・・?)その上、以前のビデオ編集ソフトでは、縦横の比率をなんだか間違って作っていたので、今回 YouTube から古いものを削除し、新しくビデオを編集し直してみたものです。2009年12月(第39回「2009年を振り返って」)の演奏です。ぜひお聞きください。

 

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 


今月の公演も中止に・・・

 五月になりました。6日までとされていた緊急事態宣言、外出自粛などはさらに延長されるでしょう。当然のことです。
 申し上げるまでもなく、5月23日に予定しておりました「アートステージ567(京都)」での「藤井眞吾コンサートシリーズ」も中止です。しばらくは Youtube に自宅での録音/録画のビデオを公開しますので、そちらをお楽しみいただければと思います。私のチャンネル登録はこちらから・・・

 

 

 6月に開催できるような状態になっていることを心より願っています。6月の予定は「6/27」、私の誕生日でもありますから・・・!

 

 

note

JUGEMテーマ:クラシック音楽


4月の公演中止のお知らせ

「COVID-19」が危機的に蔓延していますので、4月25日に開催する予定であったこのコンサートは中止いたします。私はとても残念ですが、今は全ての人々が共通した理解に基づき各々の行動を管理しなければなりません。5月には予定通りコンサートが開催できる事を心より願っています。

 

 

note

春への憧れ Sehnsucht nach dem Fruhling

 昨日の夕方、妻と家の周りを散歩したら、思いのほか桜が咲いていました。

 

 

sakura

 

 

 土曜日のコンサート《春の足音》のプレゼント編曲は二曲、モーツァルトの《春への憧れ》とシューマンの《麗しき五月に》です。いずれもこれまでに何度かプレゼントした編曲ですが、今回は少し修正を加えた「2020年版」です。お楽しみに!

 

 

note

 

 

※20名限定:COVID-19 感染予防対策として、座席数を「20席」に限定して開催いたします。予約がその数に達した場合は前売り券は販売終了とし、また当日券は発行いたしませんので、ご注意ください。

* “Shingo Fujii Concert Series Vol.154” on March 28 is limited to 20 people: To prevent COVID-19 infection, the number of seats will be limited to “20”. Please note that if the number of reservations reaches that number, advance tickets will be discontinued and no tickets will be issued on the day.

 

 

 


アートステージ567(コロナ)

 私が毎月コンサートをやっている京都の会場の名前は「アートステージ567(コロナ)」というのです、実は。今のご時世に、なんと皮肉なことかと思います。しかし、会場の名前がそうだからといって、今月28日の演奏会を中止する理由にはなりません。小さな会場ですが、入場者数を「20名」に限定し、また会場にはアルコールを配合したウェット・ティシューを用意して、開催いたします。

 

 

note

 

 

 コンサートのタイトルは「春の足音」、ギターの音色の中に少しでも春の足音を聞き、コロナウイルスに打ち勝つ勇気を感じていたたければと心から願っています。
 演奏する曲は・・・
   - さくら幻想曲(藤井眞吾)
   - 春の海(宮城道雄/藤井眞吾 編)
   - 前奏曲とガボット・ショーロ(H.V-ロボス)
   - 24の小品、Op.44(F.ソル)
    他
会場の雰囲気はこのビデオでご覧いただくことができます。先月のコンサートの様子です。

 

 

 

 

 コンサートの詳細、お申し込みは上のチラシをクリックしてください!

 

 


20名限定で開催

※3月28日開催の「藤井眞吾コンサートシリーズ Vol.154」は20名限定:COVID-19 感染予防対策として、座席数を「20席」に限定して開催いたします。予約がその数に達した場合は前売り券は販売終了とし、また当日券は発行いたしませんので、ご注意ください。

* “Shingo Fujii Concert Series Vol.154” on March 28 is limited to 20 people: To prevent COVID-19 infection, the number of seats will be limited to “20”. Please note that if the number of reservations reaches that number, advance tickets will be discontinued and no tickets will be issued on the day.

 

 

note

グラナダ(I.アルベニス)

 先日のコンサートでの演奏です。I.アルベニス作曲(藤井眞吾 編曲)「グラナダ」。スペイン、グラナダの港から遥か彼方への郷愁をつのらせるムーア人の爪弾く竪琴の音色が聞こえます。

 

 

 

 

 

 


| 1/22PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

7月25日[土]
《寄せる思い》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM