《薫風 Gentle Wind》

note

 

programe note

 

 ソルの作品44という作品番号を持つ24曲の存在を知ったのは、私自身それほど前の事ではありません。実は独学でギターを9歳の頃始めた私は、カルカッシギター教則本をコツコツと勉強していたのですが、京本輔矩(きょうもとすけのり)先生の編集されたその本にはカルカッシ以外のギタリストの小品も教材として多く含まれていました。最初のハ長調で、カルカッシの簡単な曲が三曲ほど終わると、直ぐにソルの Andantino という曲が出てきました。カルカッシの曲はいつまで行っても単純で、調が変わっても同じような曲ばかりで詰まらなかったのに、このソルの曲は突然自分が大人になったような魅力に溢れていて、何とも言えない感覚を覚えました。何故その曲だけがそんな感じがしたのか、当時は理由も発見できませんでした。同時に、技術的にはそんなに難しくない筈なのに、上手に弾こうとなると何故か易しくはなかった事も良く覚えています。
 年月も経って、プロとなって、沢山の曲を勉強してきた筈なのに、その「ソルの Andantino」がいったいどの作品番号を持つ「練習曲集」に含まれるのかと、時々探してみても見つけることはできませんでした。ソルには数多くの練習曲や、メヌエット、変奏曲、嬉遊曲そしてソナタなどあり、殆どは勉強していたのでしたが、まだあまり関心を持っていなかった小品集を勉強してみることにしました。すると晩年に書かれた、この作品44に、私の大好きな「Andantino」が「第3番」としてあることを知り、まるで長年別れ離れになっていた恋人に道ばたでばったり会ったような、感動と喜びを覚えました。それと同時にこの曲集が、非常によく出来た曲ばかりで第1番から最後の24番までを一気に弾いて、作者の偉大さを改めて感じた事、その日の夜の事を今でも忘れる事ができません。
 この曲集は1831年に出版されていますが、その8年後に他界したソルにとっては(晩年病気がちであったことを考えれば)、自分の生徒や後世の学習者達に遺した、いわば「遺言」のようなものに思えてなりません。その作者の思いと、私が始めてこの作品でであった時の感動を、今夜皆様にも感じて頂けるなら幸いです。

 

(藤井眞吾:記/2019年6月22日)

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


プレゼント編曲は「ワルツ(F. シューベルト)」です

note

 

 

 今回は、編曲作品としては Alexandre Tansman が作曲した「子供のために Pour les Enfants」と言うピアノのための曲集から何曲か編曲し、弾く予定なのですが、タンスマンは没年が「1986年」なので、まだ著作権が執行されておりプレゼントとする事ができません。とてもきれいな曲なのですが、残念です。その代わりに、以前にもプレゼントしたことのある、シューベルトのワルツを2曲、プレゼント編曲とし、演奏もいたしますので、お楽しみ下さい。
 さて、連載しておりました GuitarStudy の「ソルの作品44、24の漸進的小品集」ですが、終曲の第24番からさかのぼりながら書き進めて、第6番まで、あとはハ長調の5曲を残すのみとなったのですが、演奏会が近くなると練習時間は勿論のこと、プログラムを準備したり、プレゼント編曲を準備したり、色々と時間がかかったりしてなかなか書く時間が無くなってきました。
 今回、逆順に書いてきて気付いた事は、やはりこの曲集は最初の方に、お話すべき事が沢山ある、と言う事です。ソルが「漸進的 progressive」としたのも「最初の方に、演奏こそ容易だけれども、より重要なことがある」という結果につながっているのだと思います。それは解っていて書き始めたのですが、やはり第1番〜第2番あたりになると、要点が多く、字数もついつい多くなってしまいます。
 なんとか演奏会の直前まで、かけるところまで書こうと思っていますので、お読み頂ければと思っています。

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


Blooming

 5月のコンサートシリーズ《開花 Blooming》が終了しました。
 今回は細君が運営するマンサーナのブログに、色々な花の情報や写真をアップしてくれました。会場の、アートステージ567の玄関先にもこんな薔薇の花が咲いていました。

 

 

bloom-1

 

 

 これは花心で寛ぐてんとう虫です。

 

 

bloom-2

 

 

 ジュリアーニの作品46やテデスコなど、花に関連した曲、そしてブローウェルの練習曲と、ソルの練習曲を中心にお聞き頂きました。演奏曲目はこちらをご覧下さい

 

 

bloom-3

 

 

 来月《薫風 Gentle Wind》は6月22日の開催です。皆様のご来場をお待ちしております!

 

 


本日《春来 Spring》

note

 

 

 本日7時開演です。当日券は「マンサーナ 075-972-2834」までお問合せ下さい。(演奏曲目は上の画像をクリック!)

 

 


メンデルスゾーンの《ベニスの舟歌》

note

 

 今週の土曜日(4/20)は、京都でコンサートです。先月は色々と重なってしまい、開催できませんでしたから、二ヶ月ぶりとなります。この間に東京で満開の桜を見たかと思ったら、函館空港で降雪の歓迎を受け、また京都に帰って来たら、私の住む八幡市は花見客が駅に押し寄せていると言う、大賑わいでした。
 さて今月は「春来 Spring」というタイトルで、春に関連した曲や、春らしい曲を集めてお聴き頂くのですが、その中のひとつが、メンデルスゾーン Felx Mendelssohn の《春の歌 Op.62-6》です。これは以前にプレゼント編曲としたことがあるものですが、演奏はかなり難しい曲です(・・・曲は陽気な雰囲気ですが)。メンデルスゾーンのピアノのための《無言歌集》に含まれる曲ですが、この曲集にはタレガの編曲で有名な《ベニスの舟歌 Op.19b-6》が含まれています。今回はこの曲を編曲してみました。タレガの編曲はギター的だと思いますが、音域的に犠牲にするところも多々あります。私は違う調で編曲しています。ご希望の方はチケットご予約の際に「プレゼント編曲希望」と書いてください。

 

 


カルカッシの《モーツァルトの主題による変奏曲》

note

 

 

 東京ではさくらが満開だそうです。京都の我が家周辺は、もう少し待たなければいけないようです。
 いつもであれば、アートステージでのコンサートが終わったか、あるいは今度の土曜日に向けて準備に追われている頃なのですが、今月は都合により開催がありません。その代わり来月、4月はいつもよりちょっと早く、20日(土)の開催です。
 「春来」と言うタイトルにしたのですが、どうもこれは私の頭の中で「しゅんらい」という言葉の響きが先にあって、一般には「しゅんらい」と言えば「春雷」のことなのですが、勝手に「春来」という文字をあててしまったようです。春がやってくる、と言う意味でも「しゅんらい」は良い響きですね。
 春らしい曲を弾く予定ですが、私が作曲した「さくら幻想曲」をはじめ、ジュリアーニの「花の選集 Op.46」から「薔薇 La Rose」、、またメンデルスゾーンの「無言歌集」から「ベニスの舟歌」「春の歌」など。それからカルカッシの「モーツァルトの主題による変奏曲 Op.24」をお聞き頂く予定です。「モーツァルトの主題による変奏曲」と言えば、ソルの作品九が有名ですが、カルカッシのこの作品24も同じ主題を使った技巧的な変奏曲です。正式な題名は「Air varié des 'Mystères d'Isis'」(「イシスの神秘」による変奏曲)というのですが、わかりやすく「モーツァルトの主題による変奏曲」と呼んでみました。お楽しみに!

 

 


La Espiral Eterna(永遠の螺旋)

Spiral-1

 

 

 先週の土曜日(2月23日)、コンサート・シリーズ《螺旋 Spiral》が終わりました。ブローウェル Leo Brouwer の作品を多く弾いたのですが、コンサート・タイトルにもした「永遠の螺旋 La Espiral Eterna」は久しぶりに弾いた曲でした。ご存知のように前衛的なギター曲の代表とも言える作品ですが、充実したいい曲ですね。

 

 

Spiral-2


(↑)・・・これは最初の「ぐるぐる回る螺旋」のようなところ(1ページ目)

 

 

Spiral-3


(↑)・・・弦を摘みながら指を滑らせて「シュ〜バッチン!」とやったところ(2ページ目)

 

 

Spiral-4

 

(↑)・・・フレットの無い超ハイポジションで「ピコピコピコ!」とやっっている(3ページ目)

 

 

Spiral-5

 

(↑)・・・指板上で弦を叩く「パッチン、ポヨン、ビヨン」とやっている(4ページ目)

 

 と言うわけで、次回の藤井眞吾コンサートシリーズ、3月はお休みで、「4月20日(土)春来 Spring」です。春の訪れを身体一杯に感じながら演奏したいと思います。お楽しみに!


今日のコンサート《螺旋 Spiral》

note

 

 

programnote

 

 「実験音楽(experimental music)」という言葉が私の耳に飛び込んで来たのは、高校生の頃であったと思います。アメリカ東海岸の音楽家、ジョン・ケージが提唱した言葉・概念であり、一方ヨーロッパではセリーの音楽のあとブーレーズやシュトックハウゼンが「前衛音楽」の道を突き進んでいました。キューバからアメリカに渡り、NYのジュリアード音楽院で学んでいたレオ・ブローウェルにとってはいずれもが強い影響を与えた事は、容易に想像ができます。
 ブローウェルはその作曲活動の中で、時期毎に、特定の音楽スタイルに集中して作品を生み出してきたように私は思います。「舞踏礼賛(1964)」はストラビンスキー讃歌である言われており、調性から離れたところで力強い、おそらくそれまで誰も聞いた事の無いギターの音を産み出す事に成功しました。「永遠の螺旋(1971)」はおそらく、アメリカに吹き荒れていた「実験音楽」や「偶然性の音楽(Chance Operation)」の影響から生まれた傑作と言っても過言ではありません。ドイツの作曲家ハンス・ウェルナー・ヘンツェとの出会いはブローウェルを更に前衛の道へと案内します。

 1970年代、これもアメリカで「ミニマル minimal」主義が擡頭すると、ブローウェルの舵は即座にその方向を向きます。と同時に、失われていた調性は復活し、同じ頃日本の武満徹の音楽にも強く心を奪われます。「黒いデカメロン(1981)」はその頃の始まりを告げる代表作です。ブローウェルは様々なスタイルを旅し、今年80歳を迎えて、将に円熟の境地にあると言えますが、何故か私の心を捉えて離さない彼の作品は、1960年代から81年あたりまでの作品である事は皮肉な事です。

 

(藤井眞吾:記/2019年2月23日)

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


スペイン舞曲 第5番《アンダルーサ》の編曲を・・・

note

 

 

 2月は本当に時(とき)が経つのが早いですね。今週の土曜日、いえ明後日はコンサートシリーズ《螺旋》です。今月のプレゼント編曲は、E.グラナドス作曲「スペイン舞曲 第5番《アンダルーサ》」です。これはM.リョベットの編曲で有名になり、もはやギター曲と言っても良いほど定着した編曲ですが、勿論今回演奏しプレゼントする編曲は私自身によるものです。
 この曲自体は「ホ短調」でもともとギターによく合う調なので、原調で演奏される事が殆どだと思います。ただいくつかの部分で、リョベット版では彼独自の変更がなされていますが、私はあまりその変更が好きになれないので、別のアプローチをしています。運指も出来るだけ解り易くつけましたので、ご覧頂ければと思います。
 コンサートの予約は明日のよるまで受け付けておりますので、ご予約はお早めに!(*コンサートの詳細・予約はこちらから!

 

 


最初は「公開レッスンとコンサート」でした

2006

 

 

 京都でのコンサートシリーズは2006年にスタートしましたが、当初は毎月やろうなどとは考えておらず、この年は4月、6月、10月の三回のみ。しかも、「藤井眞吾 コンサートシリーズ」という明確な内容ではなく、「公開レッスンとコンサート」というスタートでした。この頃、私は京都での演奏会はあまりやる事がなく、演奏もレッスンも九州やその他の土地での開催が主だったので、自分が住む京都でも、少しでもそういった活動を始めたい、というのが理由でした。
 翌年、2007年から毎月コンサートを中心とした開催としました。そして今年2019年2月23日は142回目の開催となります。皆様のご来場をお待ちしております。

 

 


| 1/19PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

6月22日[土]
《薫風 Gentle Wind 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM