珠玉の小品集

 先週土曜日、藤井眞吾コンサートシリーズ《珠玉の小品集》が終了しました。

 

 

gems_1

 

 

 演奏しながら、本当にこういった作品はギターにとって「珠玉」だな、と思いました。演奏者にも幸せな気分をもたらします。

 

 

gems_2

 

 

 女房は、私がリハーサルをしている間に、「こんがり焼きプリン」を美味しそうに食べていました。
 来月(12月)は今年最後の開催、22日です。テーマは《別れ》。別れは辛いものですが、人間は別れを告げなければいけない事もあるのです・・・。まずは2018年に別れを告げたいと思います。皆様のご来場をお待ちしております!

 

 

note

プログラムノート《珠玉の小品集》

(※演奏曲目は下のチラシをクリックしてご覧下さい)
note

 

 

program note

 「小品集」というタイトル、あるいはテーマはこのコンサートシリーズでもう何回目かになります。それはギターの小品には本当に美しいものが沢山あるからなのですが、私が「小品」という名前や、小品そのものにいささかこだわってきたのは、私自身が若い頃(おそらく40歳くらいまでは)いつも「大曲」を演奏する事にばかり強く関心を持っていた、その反動なのかもしれないと思っています。ところが、生徒を教えるようになって気付いた事は、若い人達は沢山の練習曲を勉強しなければならないのですが、「練習曲」というジャンルの作品でさえ美しいものが多いと言う事、また練習曲嫌いのアマチュアの人達が演奏する小品も、技術の難易度とは関係なくとても美しいものが多いと言う事です。留学して私が習った先生達は、大曲や難曲でも素晴らしかったのは言うまでもありませんが、時折聞かせる小品の演奏では、魂を持って行かれるような、驚くほど美しい瞬間を味あわせてくれました。そしてそういう時にこそ、若かった私達は、先生から学ぶべき重要な何かを発見したような気がします。

 

(藤井眞吾:記/2018年11月17日)

 

 


野バラに寄す

 今月のプレゼント編曲はこの曲、「野バラに寄す(E.マクダウェル)」

 

 

 

 

 コンサートは今週の土曜日(17日)の開催です!(下の画像をクリックしてコンサート情報へ)

 

 

note

 

 


今月のコンサートは17日(土)の開催

 「藤井眞吾 コンサートシリーズ」はたいてい、月末の土曜日なのですが、今月はちょっと早めで「17日(土)」の開催です。お間違いの無いように!
 今月のタイトルは《珠玉の小品集》。いわゆる「小品」、短い曲、というだけでなく、初心者や中級者が勉強するような難易度の高くない「小品」、練習曲でも綺麗なものが沢山あります。それはギターと言う楽器の持つ魅力、そして長所であろうと思いますが、そういった曲を集めお聴き頂きます。開催はもう来週ですので、ご予約はお早めに!

 

 

●演奏予定曲●
ノクターン(C.ヘンツェ)
ラグリマ(F.タレガ)
月光(F.ソル)
マリア・ルイサ(J.サグレラス)
別れ(S.アサド)
11月のある日(l.ブローウェル)

 

(コンサートの詳細はチラシをクリック!)

note

久々の二重奏を終えて・・・

Dawn-1

 

 

 久々のオール二重奏プログラムでしたが、とても楽しかったです。前半は私自身の作曲も含め、ソル、スカルラッティー、テデスコの音楽。後半は「はじまりの音楽(全曲)」でしたが、パートナーを務めてくれた奥野君は、よどみのない演奏で、二人で良い音楽を出来たのではないかと思っています。

 

 

Dawn-2

 

 

 プレゼント編曲は、スカルラッティーのソナタ(K.384)、勿論二重奏版で。楽譜を手にした方達は楽譜を見ながら演奏を聴かれています(写真上)。

 

 

Dawn-3

 

 

 機会があれば、このコンサートシリーズでもまた二重奏プログラムを作ってみたいと考えています。お楽しみに!
 来月は《珠玉の小品集 Pieces of gems》のタイトルで、11月17日の開催です。三週間しかありませんので、大急ぎで準備しなければなりません。皆さん、ぜひ聞きにいらしてください!

 

 


宣伝ビデオ!

 来週の「藤井眞吾 コンサートシリーズ《はじまりの音楽》」の宣伝ビデオを作りました。先週の滋賀県での演奏を使いました。曲は私の書いた「三つの断章 3 Fragmentos」から第2番「Andante con Calma」です。

 

 

 

 

 《はじまりの音楽》の演奏も YouTube に国内外のもの、いろいろありますので、是非ご覧下さい。

 

 

note

Sonata K.384 (D. Scarlatti)

note

 

 

 今月の「藤井眞吾 コンサートシリーズ」は全曲がギター二重奏ですので、プレゼント編曲も二重奏曲にしました。D.スカルラッティーのソナタ(K.384)です。
 私が好きな作曲家や興味を強く持っている作曲家は沢山いますが、なかでもスカルラッティー(ドメニコ)は特に興味深い作曲家です。彼の人生もユニークですし、500曲以上残された鍵盤の為のソナタは、どれも個性的で、独創的な発想に満ちあふれています。どの曲も、興奮を抑えきれず、沸き上がる楽想を書き留めたように思われてなりません。
 今回の演奏会では2曲(K.384 & K.380)演奏しますが、「K.384」をプレゼントいたしますので、ご希望の方は前売り券お申込みの際に「楽譜希望」と銘記してください。

 

 

note

《はじまりの音楽》

note

 

 

 新しい作品を書いた時、始めから曲名が決まっている場合もあれば、書き終えてから色々と考えて決める場合もあります。《始まりの音楽》というのは曲集ですから、今申し上げたような場合とは少し違うのですが、単純に「日本の民謡と唱歌集」と言うような名前にする気は毛頭なかったのです。資料を集め、所謂文部省唱歌と言うものがどのような歴史を背負ってきたかを見るにつけ、これらが忘れ去られては行けないものであり、また今こそそれらが何であったかを銘記しておきたいと思ったからです。
 わたしのオフィシャルサイトに「GuitarStudy」というページがありますが、そこでこの曲集について、およびその命名の理由について書いておりますので、お読み頂ければと思います。
 先日、滋賀県の栗東市で久しぶりにこの曲集を演奏し、解説しながら、命名の由などさまざまな事が脳裏を去来しました。
 来週は「藤井眞吾コンサートシリーズ VOL.138」で再びこの曲集を演奏します。まだお聞き頂けていない方にはぜひ聴いて頂きたいと切に願っておりますし、二度目、三度目と聞いて頂ける方には、また新しい体験をして頂けるのではないかとも期待しています。27日は、プログラムは全て二重奏で(※参照)、ソルの小嬉遊曲、スカルラッティーのソナタ2曲、私の二重奏のための練習曲(三つの断章)、そしてテデスコの「カノンのソナチネ」を演奏いたします。まだ若干前売り券があります。ご希望の方はご予約お早めに、よろしくお願いいたします。(当日会場で楽譜「はじまりの音楽」も販売いたします。)

 

 


《間奏曲》を終えて・・・

 22日(土)は数日前から天気の具合も心配していたのですが、良い天候に恵まれました。空気はさわやかで「秋晴れ」と言いたくなるような、爽やかな空気でした。(写真は開演前の会場)

 

 

09-1

 

 

 会場は「コロナ堂」の二階、「アートステージ」ですが、コロナ堂の前にはいつもこんな丸テーブルがあって、パンフレットやチラシが置かれています。

 

 

09-2

 

 

 生徒の T さんの奥様がお花を持ってきてくださいました。天気も、空気も良かったので、ギターのコンディションはとても良く、私が欲しいような音を奏でてくれました。

 

 

09-3

 

 

 来月は、10月27日の開催。奥野隆さんをゲストに迎えて《はじまりの音楽》です。既に予約が沢山入っていますので、ご希望の方はご予約をお急ぎ下さい!

 

 


今週の土曜日は《間奏曲 Intermezzo》

 もの凄い風を吹かせた台風の中でじっと耐えていたかと思ったら、今度は震度7の地震の襲った北海道へひとっ飛び。停電とインターネットを絶たれた状況から今度は東京で三日間のレッスン。京都に帰ってきたら直ぐにレッスンがあって、「しまった、休む間がない・・・」と思っていたら、もう今週はアートステージでのコンサートシリーズです。
 ・・・というわけで、少し身体を休めながら準備をしています。
 今回はタイトルにもあるように、ポンセがピアノのために作曲した「間奏曲」を中心に、他のポンセ作品や、ソルの作品44からの抜粋、タレガの小品、そして武満徹さんに夜素敵な編曲などをお楽しみ頂きます。まだ前売り券ありますので、皆様のご予約お待ち申し上げております。
 怒濤の9月、まだやっと半分が過ぎたと言うところなのに、なんとかこの演奏会で「閑話休談」、一息ついて今年の残りの演奏会に備えたい・・・、そんな気分です。そういう思いも込めて《間奏曲》、是非お聞き下さい!

 

 

note

JUGEMテーマ:クラシック音楽


| 1/17PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

12月22日[土]
《別れ Farewell 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM