乾燥にご注意を!

hare

 

 

 10日(日)から三日間、東京でレッスンをしていました。寒かったですが、ご覧のような快晴! 生徒達も皆、元気な演奏を聴かせてくれました(T.君は腹痛のため欠席でしたが、京都に帰ってから回復の知らせをもらい、ホッとしています)。
 レッスン終了後、生徒達と食事をしてホテルに帰り、バッグに入れておいた「デジタル湿度・温度計」を取り出して机の上に置いたら、表示される湿度が見る見る間に下がり、なんと「22%」。もの凄い乾燥です。これはギターにも良くないと思い・・・

 

 

humid-1

 

 

 バスタブに「シャワーでお湯を」はります。

 

 

bath

 

 

 次に、タオルを濡らして室内にある譜面台にかけておきます。

 

 

room

 

 

 30分後、室温も1度上がりましたが、湿度は「37%」まで上昇。それでもかなりの乾燥ですが、少し安心。

 

 

humid-2

 

 

 安心したところでお風呂に入ろうと・・・、ハダカになってバスタブに片足突っ込んだら、もの凄くぬるくて・・・。そりゃあそうですよね、シャワー状態で(空気中で小さなお湯の粒を冷却しているわけですから)、かなり温度が下がっていたので、蛇口からお湯を注いで入りました。
 皆さん、冬場の空気の乾燥には気をつけましょう!

 


夕ご飯は・・・

soup

 

 


 野菜とポークを使ってスープを作り、家内の作ってくれたハム(チキンとポーク)それにチーズ。・・・これは昨日の夕飯。寒くなってきたので温かいスープはいいですね。
 今日はフォー(米粉麺)とキノコを使って、スパゲッティー風の夕飯にしようかと思っています。
 

 

 

JUGEMテーマ:食生活


レッスンを聴講するヨモギ

yomogi

 

 


 今日はひときわ寒い一日でした。猫のヨモギはストーブのそばを離れません。でもレッスンのある時には、生徒が来る直前に家内のいる部屋へ自主退出し、大人しくしているのですが、レッスンが長引くと、ノソノソとやってきて「おいおい、そろそろ時間なんじゃないの?」とひと声かけて、また退室します。
 今日は家内がいなかったので、生徒がやってきてレッスンが始まっても、家内の部屋に行く事はなく、私の部屋で愛用の籐のイスから離れませんでした。そして、丸くなったまま、最後までレッスンを聞いていました。
 

 

 

JUGEMテーマ:ねこのきもち


甘酒はマッシャーを使って・・・

masher

 

 


 乾燥米麹を使って、いわゆる「甘酒」を作り、ヨーグルトと一緒に食べたり、料理をするときの調味料として使っているのですが、ご飯をかなり柔らかく炊いても、最後まで米麹の粒の感触が残り、用途によってはちょっと気になっていたのですが、良い方法を見つけました。
 ご飯を炊いたら(水の量は普通で、炊飯器は「お粥炊き」に)、米麹を入れるのですが、予め容器にとって水に浸しておくといいです。ご飯が摂氏60度くらいの温度まで冷えたら、水を含ませて柔らかくなった米麹を投入。1時間経過したら一度よく撹拌します。更に1時間経過したら、マッシュポテトなどを作る時に使う「マッシャー」でご飯粒をよく潰してやります。その時米麹の粒も一緒にかなり砕かれて、出来上がった時食感が滑らかになります。更に、潰れた米粒が麹菌と接触する面積が増えるため、菌による発酵も一層活発になり、分解された米のでんぷん質が糖となり、甘く、舌触りのいい甘酒が出来上がります。
 甘酒作りに「マッシャー」、お薦めです!
 

 

 

JUGEMテーマ:食生活


カンパチで寿司

sushi

 

 

 女房の実家、大分から「カンパチ」が送られてきたので「寿司」にして頂きました。「握り」も「手巻き」も面倒なので、ご飯を炊いてすし飯を用意(・・・これは私の仕事)、カンパチを頃合いに切って(・・・これは女房の仕事)、あとは飯の上にカンパチの切り身をわさびと一緒にのせて頂く、シンプルな頂き方! 唸るほど旨かった!
 さあ、美味しいものも食べたし、土曜日の演奏会の練習しよっと!

 

 

JUGEMテーマ:食生活


紅葉まであと少し

koyo01

 

 

 今年は紅葉が早いのだそうです。奈良県の紅葉は20日以上早く色づいたそうです。私の住む京都府八幡市も例年よりは早いようです。
 写真は二三日前、家内と買い物に出た時撮影したものです。石清水八幡宮のある男山もだいぶ色づいてきました。今日は本格的に寒くなったので、もうだいぶ色づきが進んでいるかと思います。お天気の良い日だったので、ポカポカとして、屋根の上では猫が気持ち良さそうに昼寝をしていました。(写真をクリックしてみてください)

 

 

koyo02

 

 

JUGEMテーマ:自然

 


豚汁の季節です!

pork

 

 

 寒くなりました・・・、と言うわけで「豚汁」をつくりました。
 もう40年以上まえ、京都で下宿生活を始めるにあたって、色々な料理のレシピを母に教えてもらいました。これはその中のひとつをアレンジしたものです。

 

【材料】

 

豚肉(適当)、にんじん、タマネギ、椎茸(&その他キノコ類)、豆腐、油揚げ、こんにゃく、サツマイモ(またはジャガイモ)、ネギ、白菜etc.

 

【料理】
  1. まず、小さな鍋に、干し椎茸、鰹節などで出汁をとっておきます【鍋-A】
  2. 大きな鍋に薄く油をひいて(我が家はオリーブオイル)弱火にかける、2〜3個のニンニクをカットして炒め香りを出します【鍋-B】
  3. 豚肉は一枚ずつ広げ【鍋-B】へ、この作業はかなり弱火で丁寧に
  4. 表面に色が付き互いに引っ付かなくなったら豚肉に塩コショウをしながら鍋の脇に寄せ重ねていく
  5. その間に【鍋-A】へ、にんじん、イモなど時間のかかる野菜を入れて火を通しておく
  6. 豚肉の準備ができたら【鍋-A】の中身を【鍋-B】に
  7. 順次具材をいれていく
  8. こんにゃくは別の小さな鍋で、塩少々、酢を大さじ一杯くらい入れたお湯で沸騰するまで処理しておく
  9. 油揚げはオーブンで軽く焼いてからカット
  10. 醤油味が好きなら醤油を、味噌味が好きなら最後に味噌を適宜投じる
  11. ネギはザクザクと切って、最後に鍋に入れ、あとは蓋をして火を止める

 

・・・だいたいこんな段取りですが、今回は女房が「もやし好き」なので、最後にもやしも沢山いれました。スパイス系はお好みで、粗挽きコショウ、とうがらしなど。また我が家では味付けに砂糖は使わず、甘酒を入れています。

身体が温まります!

 

 

JUGEMテーマ:食生活


やっと秋晴れ

yawata

 

 

 今日はやっと秋晴れ、洗濯日和で、家内は布団まで干してくれました。昨日からお天気は回復してきましたが、我が家から八幡の駅に向かう道沿いには、こんなおしゃれな景観もあるのです。左手の木々のむこうには山があってその山頂に石清水八幡宮があります。春にはこの辺り一帯は桜が満開になります。
 ところが、また台風が来ているそうです。台風22号。もう勘弁して欲しいと言う気持ちですが、「サオラー」という名前だそうで、何だか「霊長類最強」みたいなニックネームです。速度がだんだん落ちてきているので、なんとか土曜日のレッスンは出来るかな・・・、と思っています。
typhoon 2

 

 


ミカンのジャム

jam1

 

 

 家内が九州土産に蜜柑をいっぱい持ってきてくれました。小粒ですが豊で甘い香り、爽やかな味わいの美味しい蜜柑ですが、とっても沢山あって、食べきる前に悪くしてしまうと勿体ないと思い、ジャムを作りました。
 皮を剥いて、包丁で丁寧にスライスします。それを順番に鍋に並べていきます(写真上)。並べる前に鍋の底に少し、そして並べていきながら何度か、そして最後にもう一度、砂糖をかけます。鍋に蓋をして一時間ほど待つと、蜜柑から果汁が沢山出て、かしげた鍋からはまるで水を注いだかのように液体が溜まっているのが見えます。
 それから蓋をしたまま、超弱火にかけます。30〜40分経ったら蜜柑の形が少し崩れてきますが、それは熱が通って実が柔らかくなってきたからです。この時マッシャーで実を良く潰してやります。そうすると出来上がりがトロリとしていい加減になります。非常に水分が多かったので、最後の一時間はふたを少しずらして水気を飛ばし、都合2時間くらい火にかけました。あとは冷やして出来上がり。

 

 

jam2

 

 

 とても良い香りがして、美味しいです。毎日ヨーグルトを食べるので、パンだけでなく、ヨーグルトにものせて食べることにします。絶品です!

 

 

JUGEMテーマ:食生活


除湿器 Dehumidifier

Dehumidifier

 

 

 先日、除湿器を購入しました。京都は一年を通じて湿度の高い梅雨の時期、そして乾燥する冬期、と湿度の変動が激しいところなので、ギターのコンディション維持の為に、普段私が練習する部屋だけでも湿度を一定に保とうとしてきました。夏場はエアコンで除湿が出来ますし、冬期は石油ストーヴによる暖房で加湿が出来ますが、その季節の境目に当たる頃が難しくどうしようかと悩んでいました。丁度今がその時期です。
 先々週、東京のレッスンを終えて京都に戻った翌日からほとんど毎日のように雨でした。私の部屋は外気とのつながりがとても良く(!)、気をつけなければすぐに湿度が上がってしまいます。長いこと悩んでいたのですが、ネットで探して、アイリスオーヤマの「除湿器(衣類乾燥期) DDA-20」と言うのを購入しました。恐らく最も小さい除湿器、「除湿可能面積の目安=3畳〜5畳」なので私の部屋には半分くらいの能力しかないのですが「先ずは試しに」と言う気持ちで購入してみました。これからは寒くなるので「デシカント式」です。
 実際に使ってみて、期待以上に良いです。洗濯物の室内干しも一度乾燥させてみましたが、効果絶大です。女房喜んでおります。ちょっとした洗濯物だったら、一晩で乾いてくれます。また私の部屋も、朝起きてからスイッチを入れて、数パーセントの湿度降下で、53%くらいまで下がります。今年の秋はこれで乗り切ろうと思います。

 

 

JUGEMテーマ:除湿器


| 1/20PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

11月25日[土]
《ラルゴ Largo 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM