山形県庄内へ

Syonai

 

 

 3月3日に山形県庄内で「菅原久也 メモリアルコンサート」があり、私が菅原氏追悼のために作曲した「ロンド〜ひまわり」とギター5重奏のための「泥棒かささぎ序曲(G.ロッシーニ)」が演奏されるとの事で、ご招待を頂きましたので聞きにいって参ります。
 菅原久也氏は山形県庄内でのギターフェスティバルを実行委員長として実現へと運び、数多くの若者達に沢山の遺産を残しました。しかし第3回が開催される前に天に召され、私達は大変淋しい思いをしたのですが、彼の存在を永遠に忘れないようにとの気持ちでこの曲を作曲しました。陽の光をいつも見つめている「ひまわり」は庄内のシンボルでもありますが、それは闘病にあってもいつも明るく私達を先導していた姿を彷彿とさせます。
 ロンド主題は、四つの声部がきわめて独立して動き、一致や統一とはおおよそかけ離れた性格を持ちますが、全体の響きは柔らかく、明るく、庄内の夏に降り注ぐ陽光を思い出しながら書きました。実は第1回の庄内フェスティヴァルでは、私の「パッサカリア〜独奏バイオリン、独奏ギターとギタ合奏のための」と言う曲も演奏頂いたのですが、二つ目ののロンド部分にはこの「パッサカリア」のテーマがいくつか現れます。何故かと言うと、第1回のこの曲の演奏には菅原氏自身も愛器ラミレスを片手に、合奏メンバーとして演奏に参加されたいたからです。再びロンド主題が現れ、最後の部分は「哀歌」です。鎮魂の歌。消え入るように・・・。
 ロッシーニの編曲は面白い経緯があります。10年前のある夜、古い友達であり、このフェスティバルの音楽監督でもある福田君から電話がかかってきて、彼の先生でもあるオスカー・ギリア氏を交えてギターの五重奏曲を編曲して欲しいと。イタリア人のギリア氏へ敬意を表しての事だったのでしょう。私はそれからしばらく、どの曲にしようかと考えていましたが、丁度その頃福田君はジュリアーニのロッシニアーナの演奏と録音をしていた頃だったので、ロッシーニから何か、フェスティーバルのオープニングに相応しいものをと言う事で、この「泥棒かささぎ序曲」を選んだのでした。
 そしてもうひとつも面白かったのは、福田君から演奏メンバーが知らされ、それぞれの個性や役割をパートの中に反映させて欲しいとの事でした。ギリア先生以外で私が良く知っていたのは、勿論福田君、そして康司君(大萩)は彼が中学生の時から知っていますから、あとは村治さんも鈴木さんも面識がなかったので、福田君からの情報を手がかりに編曲を進めたのでした。五重奏曲ですが、原曲のから読み取れるオーケストラの響きや、音の厚みを、5本のギターで最大限表現、あるいはそれ以上にスケールの大きなサウンドを実現したいと考えました。スコアを入念にご覧頂ければお解り頂けると思うのですが、二重奏や三重奏ではなかなか実現しにくい、同一声部を異なる奏法、異なる音色、異なるアーティキュレーションで重複させ、単純なギターの音色だけではない響きを作り出す事に成功していると思います。これはギター合奏などでは必ず使う手法なのですが、ギター五重奏になると合奏に近い、オーケストレーションが可能になります。
 ・・・などと書いていたら、10年前の事が沢山思い出されてしまいました。明日は飛行機に乗る為に少し早起きをしなければ行けないので、そろそろ寝ることにします。山形のお天気がちょっと心配です。
(その10年前の、初演の時のビデオを是非ご覧下さい)

 


相変わらずの寒波で・・・

 先日・・・、と言ってももう二週間前になるのですが、東京でレッスンをしていた三日間はとても良いお天気で・・・

 

 

shinagawa_1

 

 

 ・・・レッスンは勿論のこと、ちょっと屋外に出てもこんな感じで、とても気持ちがよかったのです。

 

 

shinagawa_2

 

 

 家を出たときは、外食がなかなか難しいのですが、品川駅の近くでこんなものを見つけたので、「ライ麦パン」なら少しはグルテンも少ないだろうと、久しぶりにサンドイッチを食べました。美味しかった!

 

 

shinagawa_3

 

 

 7日に京都に戻ってきたのですが、実に寒い!
 そうこうしているうちに、バレンタイン。ソロモンにいる娘がわざわざネットで注文して送ってくれたチーズケーキがとても美味しかった!

 

 

valentine_1

 

 

 生徒からも頂きました。(ただし、生徒は小学二年生で、そのお母さんからですが・・・)

 

 

valentine_2

 

 

 今月のコンサートも一週間後に迫りました。今回は「グリーンスリーブス」を中心に私の作曲した変奏曲や、ソルの「魔笛の変奏曲」などをお聞き頂きます。前売り受付中です!

 

 

note

雪が凄い!

snow

 

 

 実家に来ています。北海道北斗市、函館の隣です。伊丹からのフライとは無事に予定通り到着、が思っていた以上に雪が多く、実家の庭はこんな状態です。お天気は良いのですが、明日は吹雪になるかもしれないとの予報。明後日は東京でレッスンですから、日曜の朝の便がちょっと心配です。

 

 


ライトの傘を作りました

light

 

 

 正月早々、昨日私の部屋の LED 電灯が「プッチン」と切れてしまいました。半日我慢をしたのですが、意を決して、押し入れに片付けていた段ボールを出してきて細く切り、牛乳パックを使ってリングを作り、そして今日は朝から電気屋に行って、ペンダント形のソケットと LED 電球、そして文房具屋で和紙を買ってきて、こんなライトを作りました。素敵でしょう!?
 スペインにいたときも、カートン買いしていたタバコの空き箱で同じような明かりを作ったのですが、悦に入っているのは私と家内だけ。遊びに来る日本人の友人は皆、訝しげな目でしか見てくれませんでしたが、唯一褒めてくれたのはアイスランド人のピエトル。「素晴らしい!」と。彼とは今でも大の仲良しです。

 

 


イチゴジャム

strawberry-1

 

 

 イチゴのジャムが出来上がりました。今回は果汁を残すように、そして果肉の形も解るくらいの加熱で仕上げました。水は全く加えていませんから、100%イチゴのシロップの中に柔らかくなったイチゴのみが浮かんでいるような感じです。イチゴにはサンタクロースが良く似合うと思うので、家内が帰還するまで「封印」のつもりで蓋の上に乗せてみましたが、我慢しきれず、ヨーグルトと一緒に試食してみました。とっても、美味しいです!

 

 

strawberry-2


正月

 あけましておめでとうございます
 新年も、より美しい音楽、より充実したコンサートが出来るよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。
藤井眞吾 2018年 元旦

 

 

kagamimochi

 

 

 昨年に引き続き、鏡餅用の小さな蜜柑を用意して奥野を忘れたので、上の写真のようなことになりました。しかし見事なバランスを保っている事は、たいへん気に入っております。

 

 

mochi

 

 

 家内が実家でついた餅を送ってくれたのですが、右側は餅、左側はあんこ餅。二つも食べてしまいました!

 

 

ozouni

 

 

 夜はお雑煮を作って、義母が作って送ってくれたおせちを頂きました。美味しい!
 イチゴが大量に残りそうだったので、夜はすべてジャムにしました。とてもいい香り。このジャムは家内の帰還を待ちます。

 

 

jam


おおみそか

yomogi

 

 

 ヨモギと二人、静かな大晦日を過ごしています。家内は大分の実家なので。

 

 

pan

 

 

 今年最後の「米粉パン」も上手く焼けました。ことしは「米粉パン」も最後に来て大きな進歩をしました。

 

 

strawbery

 

 

 デザートのイチゴはとっても爽やかでおいしかったです。
 来る年、2018年も皆様とともに音楽を楽しみたいと思っております!

 

 


メリー・クリスマス!

santa

 

 

 快晴に恵まれ、クリスマス・イブの今日は家内と一緒にドライブ方々、ゆっくり買い物をしたり、夕食の支度をゆっくりやって、私のリクエストで家内がケーキを焼いてくれました。(上の写真は家内からのプレゼントです)

 

 

cake

 

 

 このケーキは小麦粉を使わず、米粉で作っています。北海道から送ってくれた林檎が、しっとりと、甘く、ケーキそのものはさくさくと軽やかで、とても美味しかったです。ケーキは小麦より、米粉の方が美味しいかもしれません。
 私はチキンステーキを作りました。
 夫婦二人で、のんびりしたクリスマスイブを過ごしました。

 

 

steak


乾燥にご注意を!

hare

 

 

 10日(日)から三日間、東京でレッスンをしていました。寒かったですが、ご覧のような快晴! 生徒達も皆、元気な演奏を聴かせてくれました(T.君は腹痛のため欠席でしたが、京都に帰ってから回復の知らせをもらい、ホッとしています)。
 レッスン終了後、生徒達と食事をしてホテルに帰り、バッグに入れておいた「デジタル湿度・温度計」を取り出して机の上に置いたら、表示される湿度が見る見る間に下がり、なんと「22%」。もの凄い乾燥です。これはギターにも良くないと思い・・・

 

 

humid-1

 

 

 バスタブに「シャワーでお湯を」はります。

 

 

bath

 

 

 次に、タオルを濡らして室内にある譜面台にかけておきます。

 

 

room

 

 

 30分後、室温も1度上がりましたが、湿度は「37%」まで上昇。それでもかなりの乾燥ですが、少し安心。

 

 

humid-2

 

 

 安心したところでお風呂に入ろうと・・・、ハダカになってバスタブに片足突っ込んだら、もの凄くぬるくて・・・。そりゃあそうですよね、シャワー状態で(空気中で小さなお湯の粒を冷却しているわけですから)、かなり温度が下がっていたので、蛇口からお湯を注いで入りました。
 皆さん、冬場の空気の乾燥には気をつけましょう!

 


夕ご飯は・・・

soup

 

 


 野菜とポークを使ってスープを作り、家内の作ってくれたハム(チキンとポーク)それにチーズ。・・・これは昨日の夕飯。寒くなってきたので温かいスープはいいですね。
 今日はフォー(米粉麺)とキノコを使って、スパゲッティー風の夕飯にしようかと思っています。
 

 

 

JUGEMテーマ:食生活


| 1/21PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

4月21日[土]
《春の小川 Spring Brook 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM