再びバッテリー交換

battery_1

 

 

 五ヶ月前、去年の8月に MacBook Pro のバッテリーを自分で交換したのですが、一ヶ月ほど前から不安定になり、寿命も加速度的に短くなり、とうとう交換をしました。今回買ったのは World Plus製のもの(6590円)です。

 

 

battery_2

 

 

 箱を開けると、ドライバーが二本入っていて、とても親切です。こういう作業の時には作業箱をひっくり返しながら、Mac専用のドライバーを捜したりしていましたから、大助かりです。

 

 

battery_3

 

 

 ふたを開け(ネジは無くさないように・・・)、古いバッテリーを取り外します。これは 4000円くらいで買ったものですから、まあ値段相応だったのかもしれません。

 

 

battery_4

 

 

 World Plus の新しいバッテリーを取り付けて、蓋を閉めて、作業完了。慣れた作業なので簡単でした。

 

 

battery_5

 

 

profile

 

 

 起動後、バッテリーが3%になるまで待って、それから100%まで充電(取扱説明書にあった指示通りに・・・)。充電中のプロフィールで確認すると、完全充電時の容量が「6146mAh)」とありましたが、丁寧に使っていけばしばらくは持つでしょう(前回のは 5224mAh でした)。

 

 

JUGEMテーマ:Macintosh


マウスを新調

mouse

 

 

 長年愛用していた ELECOM の無線マウスがクリックの調子が悪くなったので、ネットで激安ものを購入してみたら、どうもしっくり来ず、今日 YAMADA で写真の、BUFFALO 製の無線マウスを購入しました。快適です。
 なんと、YAMADA のポイントがけっこうたまっていたので、結局「ポイント+184円」で買う事ができました。お買い得!

 

 


縦長モニター

monitor

 

 

 Macbook pro を使うようになって数年、自宅では22インチ(?)の液晶モニターにつないで、マルチ・モニーターで使っていました。快適でしたが、今年は年明けから楽譜の出版が立て続けにあるので、楽譜整理の量が驚異的に増えてしまいます。楽譜は「縦長」ですので、細かなレイアウトの事などを考えると、やはりモニターも縦長の方が、楽譜全体を眺め渡せるのでいいな、と思っていたのですが、ネットで NEC 製の縦横回転が出来る中古のモニターを見つけたので、早速購入しました。
 思っていた以上に大きく、「1080 x 1920」で表示していますが、Finale で作っている楽譜も「縦」で全体を見る事ができ、大変作業がし易いです。これはなかなかよい買い物をしました!

 

 

JUGEMテーマ:Macintosh


HDケースが壊れたので・・・

HD-1

 

 

 私のラップトップは旅行などから自宅に帰って来ると、21インチの液晶モニターにつないで、四台の外付けHD(2.5インチ)をつないで、まさに「蛸の足」の様になります。どうして「2.5インチ」かというと、電源につなぐ機器を増やしたくないので、バスパワーで動いてくれる、さらには数珠つなぎができる「2.5インチ Firewire 接続」の HD というのが私の趣味だったのですが、最近そのうちの一台がマウントしなくなりました。ケーブルを差し替えてみたりしても駄目だったので、ケースから取り出し、別の空いていた USB 接続のケースに入れて見ると正常にマウントしてくれたので、やはり長年使ったケースが駄目になった、と判断しました。
 それにしても最近は Firewire は過去の遺産のようで、秋葉館などでも Firewire でつなげるケースは、ほんのわずかしか出ていません。Firewire はもう諦めるしかないようです。駄目になったケースに入っていた HD はコンサートのビデオをいれておくための物だったので、常時つないでいる必要はありませんから、USB でもいいかな・・・、などと色々方策を考えたのですが、結局これにしました(上の写真)!
 CENTURY製の「裸族の頭 IDE&SATA Ver.3 (CRAISU2V3) 」という不思議な名前の「直差しアダプター(?)」です。USB接続で、SATAのHDは2.5インチと3.5インチ、さらにはIDEにも対応という優れものです。実はまだ IDE の古い HD も何台かあって、データが入っているので、これらのケースが駄目になった場合は、この「裸族の頭」が役立ってくれる筈です。注文して四日目の今日、無事到着しましたので早速試してみました。使い方も簡単、そして無事に HD がコンピュータ本体に接続されました。コンピュータのブートは出来ないと思うのですが、兎も角データの読み書きは出来るようになりましたので、ひと安心です。

 

 

HD-2

 

 

 さらに DAISO でこんなケースを買ってきて、厚紙でしきりを作り、アダプターとHDを入れておくケースにしました。残念ながら、ACアダプターは入りませんでしたが、まあこれは問題ありません。それにしても便利なものです。

 

 

JUGEMテーマ:Macintosh


Macbook Pro のバッテリー交換

bat_1

 

 

 ここ数年メインで使っているコピュータは、Macbook Pro (Early2011)なのですが、中古で購入して丁度4年になります。かなりいい状態だったので、メモリーの増設や、HDの換装、更にはSSDの増設などのカスタマイズを無事に経て現在に至っていたのですが、さすがにバッテリーの劣化は避けられませんでした。外で仕事の時は新幹線の中や空港で使わなければならないこともあり、電源のない状態で長時間使うこともありますから、ここ数ヶ月はかなり厳しい状態でした。上の写真(システムプロファイラ)にあるように、完全充電時の容量は「90mAh」と、ほとんど電源なしでは起動すらしなくなったので、バッテリーを交換することにしました。

 

 

bat_2

 

 

 ふたを開けて見ると案の定、綿埃もけっこう溜まっていましたので早速掃除、そして古いバッテリー(写真右下にある長方形の物体)を取り外しました。以前にもやった作業なので、専用ドライバーも引き出しにあり、作業は簡単に済みました。

 

 

bat_3

 

 

 バッテリーを取り外した状態が上の写真。

 

 

bat_4

 

 

 上の写真は今回購入したバッテリー。「イーライズ  楽天市場 店」から購入したもので、「互換新品 APPLE Macbook Pro 13インチ MB990LL/A MB991LL/A用 A1322 バッテリー 05P03Dec16(O-BMA031)」、4400円(税込、送料込)、と激安!

 

 

bat_5

 

 

 無事換装作業が終了。
 コンピュータをいったん起動して、すでにバッテリーにあった電気を使い切りそれから一気に100%充電。そこで再びシステムプロファイラでチェックしてみると、完全充電時の容量は「5199mAh」と、期待していたほどは容量がなかったのですが、まあ激安の商品だったので「よし!」とします。かなり古い Macbook Pro ですが、まだまだ私の仕事の片腕として働いてもらいます。

 

 

bat_6

JUGEMテーマ:Macintosh


モバイルの充電器

battery

 

 

 iPhone を使うようになって約10年、外出する時には必携のアイテムなのですが、iPhone のバッテリー切れ対策で「モバイルの充電器」。愛用の物が最近、何だか鈍くなって来て(充電器本体への充電も、そして iPhone への充電も時間がかかるようになって来て)、そろそろ寿命かな、と思っていたところに、大容量のモバイル・充電器が激安で売っていたので買いました。
 容量が「10000mAh」! 私がもう4年以上使っている iPhone5 はバッテリー容量が約「1440mAh」なので、なんと7回充電できる計算になります。「2100円」はかなりお買い得(?)iPhone 本体より一回り大きいのですが、厚さはさほどなく、これだと鞄の隙間に、するっと入ります。さて、これを何年使えるか・・・。

 

 


LAN ケーブルの交換

LAN

 

 

 インターネットのプロヴァイダーを引っ越ししたら、NTTの「フレッツ光」が「プレミアム」から「ネクスト」という、より高速な回線になりました。我が家の家庭内LANはコンピュータ3台、そしてプリンターへと配線しているのですが、もう10年以上前の(もしかしたらもっと古い・・・)LAN ケーブルだったので、今回のプロヴァイダー引っ越しに伴ってケーブルも全部新しいものにしました。
 隣の部屋の細君のコンピュータまでは15mのケーブル、私の2台のコンピュータとプリンターにはそれぞれ10mのケーブルが必要で、家の中は「ケーブルだらけ」です。まず古いケーブルを撤去しましたが、相当古いものでした。今回買った新しいケーブルは「Category 6」なのですが、取り外したケーブルはカテゴリーがなんだったのか、「CAT: ?」の表記もありませんでした。無駄なケーブルもつながっていましたし、イーサネットHUB も必要なくなったので取り外しました。2時間ちょっとの作業でしたが、無事終了。
 う〜ん、なんだかネットが速くなった感じがします。

 

 


Samsung SSD 最高に快適!

ssd1


 先月 iPhone の iOS を何気なく「9」にアップしたら、アップした直後に iTunes が「このバージョンのiTunes ではこのデバイスはマウントできません」と驚くようなアラートを発して、「だったら最初からそう言えよ!」とブチギレタものの、しばし冷静さを取り戻し、なんとか iPhone の方を「iOS8」へのダウングレードに成功し、それと同時に「これもいつか来た道・・・?」と考え直し、「転ばぬ先の杖」とばかりに、外付けのHDに作っていた現在使っている OS10.6(Snow Leopard)のクローンをOS10.10(Yosemite)にアップグレードし、iTunes も「iOS9」に対応できる準備を整えたわけです。

 しかしまだ iOSは「8」のまま。と言うのも、このままで十分。「9」にあげる必要を全然感じてないからです。それよりも OSを「10.6→10.10」にすると iCloud の恩恵に預かれるので(カレンダや連絡先のクラウドでの同期)それはそれで、よかった(・・・とはいえ、Appleはこのクラウドサービスをスタートした最初期、相当前に、このサービスはやっていたんだけど)。ただ、外付けからの OS10.10は Firewire での接続ながら、気のせいか何だかモッサリしていて、やはり内蔵に移植しようと思ったけど、現在使っている 10.6 は仕事のためのアプリの関係でまだまだ捨てられず、結局内蔵を増設しようということになったわけです。


ssd2


 前置きが長くなりましたが、あまり使わない内蔵の光学ドライブを取り外し「光学ドライブスペース用HDD/SSDマウンタ Macbay2」と言うのを使って、そこにHDをもうひとつ増設することにしましたが、せっかくだからこの機会に SSD (Solid State Drive)にしてしまおうと言うわけで、購入したのが「Samsung 850EVO Series SSD SATA 6Gbps 500GB」。

 光学ドライブの取り外しはネットで情報を公開されている方々の助けを借りて、なんとか。こちらに従来のHD(750GB)を引っ越しし、SSDはそれまでHDのあった場所に移しました。


ssd3


 上の写真は、まだ光学ドライブを取り外す前の写真です。ここから先の作業は必死だったので、HD 引っ越し後の写真を撮る余裕がありませんでした。
 ドライブ二つを装着後、SSDを初期化し従来のボリュームから Personal Backup でクローンを作り、早速起動。とにかくシステムの起動時間が驚くほど早い。そしてシステムが立ち上がったかと思うと、メールアプリなどの起動も一瞬のことで、私の Macbook Pro 自体が、数ランク上の機種にグレードアップしたような感覚です。

 しばら、この「二つドライブ体制」でやっていきます!



超便利! スマホの PrintSmash を使って pdf 印刷、もうレーザープリンターは必要ない!?

copy


 上の写真は自宅の近くにあるコンビニ、Family Mart のコピー機です。複合機です。コピーだけではなく、色々な事ができるわけです。最近我が女房が iPhone 持ってコンビニに出かける・・・、そして帰って来ると iPhone で撮った写真が、写真屋さんで焼いてもらった本物の写真のように出来上がっている・・・、というわけで「ははあ〜、便利なものだ」くらいに思っていたのですが、この機能が実は我々音楽家にとっても、たまらないくらい、超便利であることに気付きました。

 Jpg ファイルを写真のようにカラープリントしてくれるのですが、それだけでなく pdf ファイルまで印刷してくれるのです。コンビニにあるこういったコピー機(複合機)は、ちょっと張り込んで買った一般家庭にあるレーザープリンターより、仕上がりが奇麗ですよ。精度(解像度?)が大変良いわけです。しかも、ケチって購入した一般家庭のペラペラのプリンター用紙より、コンビニにあるコピー機の紙は(少なくとも我が家の近くの family Martでは・・・)、ちょっと厚手で、上質です。


 さて、こんなシチュエーションを考えてみましょう。これは実際に私の生活のなかで何度もあった事です・・・・。


 ・・・・演奏会に出かける、ホテルに到着して練習を始めようと、スーツケースを空けて楽譜を探すが・・・、無い! 

ああ! 楽譜を忘れて来た!」。

「・・・そうだ、鞄の中のラップトップ(私の場合は Macbook Pro)に入っている楽譜のスキャンデータ、あるいは pdf をプリントすれば問題は解決する・・・!」

・・・しかし、どこで? 

 かつて、そんな時、ホテルのフロントに行って事情を話し、ホテルの事務局のメールアカウントにメール添付でファイルを送らせてもらい、事務室のインクジェットプリンタで出力してもらったことがありますが、仕上がりが汚くて参ったことがあります。


 ・・・自宅以外でレッスンをしている時、たまに「この練習課題をやった方がいいね・・・、う〜んでも今はその楽譜が無いから・・・」なんていうことになる。一番いいのは「ここにデータがあるから、近くのコンビニでプリントアウトして来てくれないかな?」、そういう事が可能ならそのままレッスンも継続できるし、とにかくとても便利なわけです。


 ・・・いや、それが出来るんです。スマホ(iPhone)にメール添付で楽譜の pdf ファイルを送っておいて、コンビニのコピー機で出力する、ということが。実際にやってみて、それはそれは、仕上がりは大変奇麗! 用紙のサイズや、拡大縮小などの編集も簡単にできるので、大変便利です。


 そのためには・・・


  1. コンビニに SHARP のコピー機(複合機)があること
  2. そしてあなたのスマホでメールを受信できる事(たいてい出来る)
  3. そしてあなたのスマホに「PrintSmash」というアプリをダウンロードしておく事(iPhone版も Android版もあります)
  4. 最後は「10円/1枚」のお金を持っている事。


・・・たったのそれだけなのです。


PrintSmash

 SHARP のこのサイトに行くと、アプリ「PrintSmash」の使い方、アプリのダウンロードリンク、など詳しく書いておりますので、音楽家の皆さん、「え〜、そんなもの俺は必要ね〜よ!」なんて思っていても、きっといつか「ああ、こんな時近くのコンビニで楽譜が印刷できたらな〜!」と思うときがあります。だから、アプリをあなたのスマホの中に入れておきましょう。たとえそういう事が無くても、普段から pdf ファイルの印刷は、自宅のインクジェットプリンターでやるよりもコンビニに出かけてやった方が、もしかしたら、はるかにいいかもしれません。なにしろ「10円/一枚(たしかB4サイズまで)」、普通のコピーと同じ料金なのですから。しかも、奇麗! 操作は簡単です。




便利なスマートフォルダー


 最近 FaceBook などの SNS 経由でのメッセージ機能を使っての通信が増えて来たせいか、メール(E-mail)を使う人が減って来たようです。私は E-mail が、やはり都合がよく、アドレスを知っている人とは出来るだけこちらを使っているのですが、時々返信を忘れたり、返信がそのために遅くなってしまうことがあって、失礼をしてしまいます。 

 Mac OS 10.5 から「スマートフォルダー」という機能があるのですが、標準アプリ「Mail」にも同様の機能があります。「フラグを付けた(=返事を書かなければ行けない)」「先週一週間に***さんから来たメール」など、様々条件を設定して、そこに条件に合致したメールだけを収めてくれます。私は大抵、返事を書かなければ行けないメールには「フラグ」を付けておくのですが、今日からその機能を活用して「must reply」のスマートメールフォルダを作り、メールの返信を忘れないようにしたいと思います!

 ホームページの方では、出版楽譜のリストを整理中です。

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

2月24日[土]
《グリーン・スリーヴス Greensleeves 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM