「メーカー毎の高音弦の傾向-3」〜ギター弦の話(6)

 沢山のメーカーが、沢山の種類の弦を製造していますから、それらの全てとまで言わなくとも、例えば世界中で発売されているギター弦を試してみる・・・、などということをやった人はたとえその半分でも、いないだろうと思います。「そんな必要はないだろう?」と思われるかもしれませんが、私はもしかしたら疑り深い性格かもしれないので、いつも私のギターにもっと最適な弦がどこかに存在するのではないかと思ってしまいます。


 今回はギターメーカーのもうひとつの老舗、フランスの「サバレス社」について考えてみましょう。

Savarez 社の場合

 私は若い頃(40年くらい前)にはもっぱら、サバレス社の「黄色」を使っていました。研磨弦で、ナイロンの表面が磨りガラスのように曇って、少しザラザラした感触がありましたが、音程がとても正確でした。最近使ってみたのはカーボン弦の代名詞とも言える Alliance とナイロン弦の New Cristal です。この二つに関して考察してみます。

 「表-5」をご覧下さい。



表-5 Savarez
Alliance
Normal
total=19.6 kg
5.8 kg
5.9 kg
7.9 kg
0.73
0.75
1.00
High
total=20.9 kg
6.1 kg
6.3 kg
8.5 kg
0.72
0.74
1.00
New Cristal
Normal
total=18.3 kg
5.6 kg
5.5 kg
7.2 kg
0.78
0.76
1.00
High
total=19.3kg
5.7 kg
5.8 kg
7.8 kg
0.73
0.74
1.00



 いずれの弦も「張力比率 tension Ratio」が D'Addario 社のナイロン弦などとほぼ同じ・・・


2弦:Savarez=0.74 - 0.76(Pro Arte:0.75)

3弦:Savarez=0.72 - 0.78(Pro Arte:0.74)


そして同じ傾向になっています。


1弦 > 2弦 > 3弦


(※ただし New Cristal Normal のみ2弦と3弦がの張力比率が逆転している)

 カーボン弦同士で比べると、D'Addario 社のカーボン弦の方がはるかに強い張力ですが、張力比率はほぼ同じ傾向を示しています。したがって・・・


2弦は1弦の約75%の張力を持ち、3弦はそれよりやや弱くする


という張力バランスはこのふたつのメーカーの共通した考えであると言えるでしょう。



 特に Pro Arte Normal と Alliance Normal は絶対的張力こそ高音三本の合計で「2 kg」も違うとはいえ、その張力バランスはほとんど一緒であることは、私にはきわめて興味深く思えます。



Alliance



 次回は残されたもうひとつの老舗メーカーについて考えてみましょう。


「メーカー毎の高音弦の傾向-2」〜ギター弦の話(5)

 我々ユーザーが弦に対して求めるのは、美しい音色だけではなく、音程の正確さや、安定など、様々な要素があるでしょう。これらの要素を満たし総合点で人気を得ているのは昨日お話しした D'Addario 社の弦と、そして今日お話しする HANNNABACH 社の弦であろうと思います。


HANNABACH 社の場合


 ドイツのこのメーカーは、ユーザーの期待に応えるべく様々な弦を製造しています。そして張力のクラスも、なんと6段階も用意し、ドイツ魂をみるような気がします。カーボンやチタニウム弦も製造していますが、ここでは一般的なナイロン弦のみに絞って考察してみましょう。(表-4)


表-4 Hannabach
 
Super Low
total= 19.0 kg
6.0 kg
6.0 kg
7.0 kg
0.86 (=6.0/7.0)
0.86 (=6.0/7.0)
1.00 (=7.0/7.0)
Light
total= 19.5 kg
6.2 kg
6.1 kg
7.2 kg
0.86
0.85
1.00
Medium
total= 20.0 kg
6.5 kg
6.2 kg
7.3 kg
0.89
0.85
1.00
Medium High
total= 20.5 kg
6.6 kg
6.4 kg
7.5 kg
0.88
0.85
1.00
High
total= 20.8 kg
6.7 kg
6.5 kg
7.6 kg
0.88
0.86
1.00
Super High
total= 21.2 kg
6.8 kg
6.6 kg
7.8 kg
0.87
0.85
1.00

 

 

 上の表をごらん頂いて、すぐにおわかり頂けるように HANNABACH 社はきわめて整然と六つの種類の弦の張力を整理していると言うこと、そして1弦に対する2弦、3弦の張力比率をきわめて一定に保っていると言うことです。

2弦の張力比率(平均値)= 約 0.85

3弦の張力比率(平均値)= 約 0.87



 この張力比率を D'Addario 社のナイロン弦の場合と比較したのが下のグラフです。


Hannabch_ratio



 D'addario の弦は1弦と2弦、あるいは3弦との間に「約25%」の張力差を与えているのに対して、Hannnabach 社は「約 15%」の差しかない。しかもわずかながら「3弦>2弦」としている点が、D'addario 社の場合と大きな違いであり、なおかつそれが Hannnabach 社 の特徴であると考えられます。すなわち Hannnabach 社 は・・・


1弦と2弦はそれほど張力差を付ける必要はない



・・・と考えており、それはこのメーカーのポリシーであるわけです。


 更に高音三本の弦の「総張力 Total Tension」はというと・・・


D'Addario 社の Extra Hard Tension(19.71 kg) でさえ Hannabch 社のMedium Tension(20.5 kg)は よりも張力が低く、全体的にHannabch 社の弦は張力が強い


・・・ということを認識しておくべきでしょう。


 次回は別のメーカーについて考察します。




「メーカー毎の高音弦の傾向-1」〜ギター弦の話(4)

 前回までの話の要点、あるいは気をつけなければいけない点をまとめますと・・・


  1. 張力 Tension を表わす「Noramal」や「Hard」などの言葉に、メーカー毎の一貫した基準はない。
  2. したがって、あるメーカーの「Low Tension」は別のメーカーの「Normal Tension」より“張りが強い(High Tension)”と言うことがある。


・・・ということでした。


 今回は「高音弦 Upper Strings」に関して、各メーカーの傾向、あるいはそこから垣間みることの出来る、メーカー毎の「ポリシー」さらには「哲学」とでも言えるようなことを考察してみたいと思います。


 六本の弦の張力の総量(Total Tension of six strings)がいくらであるかと言うことは重要ですが、それと同時に、あるいはそれ以上に六本の弦の張力の「バランス/比率」がどうなっているかと言うことは非常に重要です。なぜ「比率」が重要であると考えるかは、もう少しあとで述べるとして、まずは実際にメーカー毎に「張力の比率 Tension Ratio」がどうなっているかと言うことを見ていきましょう。


 ここから先では「張力比率 Tension Ratio = Tesion of the string / Tension of 1st string」、すなわちある弦に対して張力比率がいくらであるかと言った場合「1弦に対していくらであるか」と定義します。具体的に以下に見ていきます。


D'Addario 社の場合


 オーソドックスな弦として人気を得ている(であろう) D'Addario社は Pro Arte Nylon Core ブランドの他に最近は Pro Arte TitaniumPro Arte Carbon、と三種類の他、第3弦には Composite という弦も取り揃えています。


 中でも、最も一般的な Pro Arte Nylon Core は、Light (EJ43)、Normal (EJ45)、Hard (EJ46)、Extra Hard (EJ44)、と四段階の異なる張力を供給しています。それらの「張力 Tension」と「張力比率 Tension Ratio」を表にまとめたのが以下の「表-1」です。


表-1 Pro-Arte Nylon Core
 
3rd
2nd
1st
Light
total=17.62kg
5.230 kg
5.290 kg
7.100 kg
0.74 (=5.230/7.100)
0.75 (=5.290/7.100)
1.00 (=7.100/7.100)
Normal
tatal=18.21kg
5.390 kg
5.460 kg
7.360 kg
0.74
0.75
1.00
Hard
total=18.84kg
5.580 kg
5.630 kg
7.630 kg
0.73
0.74
1.00
Extra Hard
total19.48kg
5.740 kg
5.840 kg
7.900 kg
0.73
0.74
1.00

 表の上の行は「張力の絶対値 Absolute Value」、下の行は「張力比率 Tension Ratio」です。たとえば Normal の場合「1弦=7.360 kg」「2弦=5.290 kg」ですから、「2弦の張力比率=5.290÷7.36」で算出され「0.75」。1弦は当然常に「張力比率=1」となるわけです。

 ここでは張力の絶対値よりも、比率に注目してください。


 次は「チタニウム Titanium」の場合、「表-2」を見てみましょう。Normal、Hard、Extra Hard、と三種類があります。


 

表-2 Pro-Arte Titanium
 
3rd
2nd
1st
Normal
total=18.84 kg
5.470 kg
5.550 kg
7.460 kg
0.73
0.74
1.00
Hard
total=19.09 kg
5.640 kg
5.720 kg
7.730 kg
0.73
0.74
1.00
Extra Hard
total=19.71 kg
5.810 kg
5.910 kg
7.990 kg
0.73
0.74
1.00


 Pro-Arte Nylon Pro-Arte Titanium を比較した場合・・・


張力比率はほとんど同じに設計された弦である


・・・と言う事ができますが、「Nylon Hard total=18.84 kg = Titanium Normal total=18.84 kg」「Nylon Extra Hard total=19.48 kg ≒ Titanium Hard total=19.09 kg」という張力の絶対値から見ればそのクラス分けは・・・


Pro-Arte Titanium のほうが Pro-Arte Nylon よりも一段階強いテンションの弦である


・・・と言う事ができるでしょう。


 次は「カーボン Carbon」の場合、「表-3」を見てみましょう。Normal、Hard、の三種類があります。


 

表-3 Pro-Arte Carbon
 
3rd
2nd
1st
Normal
total=23.13 kg
6.501 kg
6.968 kg
9.665 kg
0.67
0.72
1.00
Hard
total=24.52 kg
6.819 kg
7.386 kg
10.323 kg
0.66
0.72
1.00


1.Nylon Core とTitanium では・・・

2弦の張力比率=約0.74

3弦の張力比率=約0.73

2.Carbon の場合は・・・

2弦の張力比率= 0.72

3弦の張力比率=約0.67


 張力比率 Tension Ratio としては「1弦>2弦>3弦」という一貫した傾向が見られ、これもこのメーカーの確固とした「方針 policy」であると考える事ができます。



Ratio_daddario



 Carbon 弦の実際の張力(絶対値)はナイロンやチタニウムに比べて、驚くほど高く(=強く)、特に Carbon Hard の1弦「10.323 kg 」という数字は私には使用不可能な強さに思えます。



Tension_daddario


 もとになっているデータはメーカー発表により、おそらくそれらは「実測値 measured value」ではなく、「理論値 theoretical value」であると思われますから、奇麗な数字が並びます。それはともかく、これらの事実から読み取れる重要なポイントは・・・


このメーカーは一貫して張力比率を「2弦は1弦に対して 74%の張力」を持ち、「3弦は1弦に対して73%の張力」であることを、そしてカーボン弦の場合には「2弦は1弦に対して 72%の張力」を持ち、「3弦は1弦に対して67%の張力」であることを「理想 ideal」としている

・・・という点にあるということです。


 次回は他のメーカーついて考えてみましょう。




「データ Data」〜ギター弦の話(3)

 先日書いた《「Normal とか Hard とか・・・」〜ギター弦の話(2)》のなかで、少し訂正をしたいと思います。

 それは Hannabach 弦のデータに関してですが、これは Strings by Mail というアメリカの通販サイトが公開していたデータをもとにしたものでした。ここでは数値の単位が全て「ポンド lb」だったので、他社のデータと比較する為に私が「ポンド lb → キログラム kg」換算したものでお話をしました(以下がそのもとのデータです。5弦と6弦が全く同じ数値であると言うところをみると、実測値でなく理論値なのではないかと思います。いずれにしろこのメーカーは「5弦と6弦は同じ張力に」という考えがあるようで、これは興味深いことです)

HANNABACH_mail

 しかし、昨日 Hannabach 社のサイトを見てみるとカタログが pdf で公開されており、そこでは「キログラム kg」単位で以下のように発表されていましたので、それでもう一度 Pro Arte Normal と比較してみます。


HANNABACH


 大きな違いはないのですが、このデータによれば「1弦=7.2 kg」なので Pro Arte Normal より「テンションがわずかに低い」ことになります。しかし高音三本の合計でみると「19.5 kg」で、やはりハナバッハの「Low Tension (合計 19.5 kg)」のほうがダダリオの「Normal Tension(合計 18.156 kg)」よりもテンションが強いことに変わりはありません。


1st(E)= 7.2 kg

2nd(B)= 6.1 kg

3rd(G)= 6.2 kg

-------------------

合計= 19.5 kg


 またハナバッハの黄色い袋に入った「Super Low Tension (合計 19.50 kg」でさえ、ダダリオの「Normal Tension(合計 18.156 kg)」よりテンションが強いことにも変わりはありません。


1st(E)= 7.0 kg

2nd(B)= 6.0 kg

3rd(G)= 6.0 kg

-------------------

合計= 19.0 kg



 尚、D'Addario社の張力データは同社のサイト(D'Addario)から引用しています。


 もう一度結論を繰り返しますと、「メーカーが違えば、Normal や Medium、Low や Light、などの基準に共通性はない」ので、その点に気をつけて私達は弦を選択しなければならないと言うことです。もう少しこのことをわかりやすく例えると・・・


A君:僕は高音にはプロアルテの「Normal」張ってるんだ。

B君:へえ、僕は左手の力弱いからハナバッハの「Low」なんだ・・・


・・・という会話があり得るわけですが、じつは Hannabach の Low を使っている B君の方が、高音に関しては A君より「1kg以上」張りの強い弦を張っていると言うことになります。

 ここでは、Pro Arte(D'Addario社)と Hannabach 社の弦を例として比較しましたが、その他のメーカーも加えて考察すれば、同様の事象はもっと沢山あるでしょう。


 ところで、これらの「張力 Tension」を「数値(数字)」だけで見るのではなく、イメージで見てみたいと思います。そうすればそれぞれの「数値(データ)」の持つ意味がもう少し分かってくるからです。


 まず下の図は「D'Adario Noramal 高音弦のテンション」をブラフにしたものです。1弦の張力が突出して強い事が解ります。


dadario


 次は「Hannabach Low 高音弦のテンション」をグラフにしたものですが、同様に1弦が最も強いテンションである事が解ります。


hannabach


 これらのグラフを重ねて見てみると以下のようになります。1弦はほぼ同じテンションですが、2弦と3弦はその絶対値が「D'Adario Noramal」の場合と「Hannabach Low」の場合では、その絶対値もかなり違う事が解ります。その差が最初に申し上げました《ハナバッハの「Low Tension」のほうがダダリオの「Normal Tension」よりもテンションが強い》という結果につながっているわけです。


hikaku


 さて次回は「なぜ1弦だけが強い張力なのか?」と言うことと、「メーカーによる張力比率の傾向」について述べてみたいと思います。



「Normal とか Hard とか・・・」〜ギター弦の話(2)

Yomogi


 何年か前の「現代ギター」誌に「テンションで選ぶギター弦」という特集記事がありました。これは大変画期的な内容で、私にとってはとても興味深く、また有益な情報でした。


gendai


 この記事の最初の部分に以下のような事が記されています。


・・・各メーカーはロー(ライト)テンション、ノーマル(ミディアム)テンション、ハイ(ハード、ヘビー)テンションなどの種類を発売しているが、それらは実際にどのくらいの張力なのだろうか? 更にA社のノーマルテンションのセットの張力はB社のローテンションと同じだと言うこともある。新素材も含めて弦の種類は膨大になった今、テンションを数値で把握することが必要となっているのだ。


・・・まさに、その通りであり、それはいつも私が考えていたことでもありました。ただそのためのテンションのデータ(数値)に不足していましたので、この記事はまさに「天の救い」の様なものであったわけです。

 探しまわれば、インターネットでかなりの情報を得られますし、メーカーによってはサイトでそのデータを公開しているものもあります。ただしそれらの多くは「実測値」ではなく「理論値」、すなわち「原材料に基づいた質量」「製作した弦の太さ(径)」そして「弦長」という数字に基づいて算出した数字であるとと思われるものがほとんどですから、厳密に言えばそのことを念頭に考えていかなければなりません。

 例えば私がだいたい基本的に使っているダダリオ社(D'Adarrio)の Pro Arte Normal Tension という弦はメーカ発表では・・・


1st(E)= 7.306 kg

2nd(B)=5.460 kg

3rd(G)=5.390 kg

--------------------

合計= 18.156 kg


・・・となっていますが、ハナバッハ社(Hannabach)の緑色の袋に入った Low Tension では・・・・


1st(E)= 7.443 kg

2nd(B)=6.323 kg

3rd(G)=6.527 kg

-------------------

合計= 20.293 kg


・・・となっていて、

ハナバッハの「Low Tension (合計 20.293 kg)」のほうがダダリオの「Normal Tension(合計 18.156 kg)」よりも「2 kg ほど張りが強い(higher tension)」である。

さらには一本一本を比較しても・・・

ハナバッハの「Low Tension」のほうがダダリオの「Normal Tension」よりも「張りが強い(higher tension)」

・・・と言う事が解ります。

 つまり、メーカーが違えば「Normal = Medium」であるとか「Low = Low」あるとか思っては行けないのです。更に言えば、ハナバッハの黄色い袋に入った「Super Low Tension (合計 18.968 kg)」でさえ、ダダリオの「Normal Tension(合計 18.156 kg)」よりもわずかに張りが強いと言う現実を私達はよく認識し、Normal とか Low、さらには Medium などという表記を一律に受け止めては行けない、ということを肝に命じなければなりません。


1st(E)= 7.139 kg

2nd(B)=5.710 kg

3rd(G)=6.119 kg

-------------------

合計= 18.968 kg


 明日はこのことをもう少し、踏み込んで考えてみましょう。




「テンションに気をつけよう」〜ギター弦の話(1)

strings


 上の写真は何かと言いますと、これは全部私のギターのための弦なのです。封筒を短く切って、色分けをして、何弦かを書いて整理していますが、一袋に「5〜10本」は入っていますから、この写真に写っているいるだけで、おそらく・・・、800本は下らないと思うのです。(弦のむこうに写っているのはうちの猫です)。
 私は別に、ギター弦のコレクションをしているわけではないし、そういう類いのマニアな訳でもないのです。ギターケースの中には常に携帯して歩く弦が入っていますから、それだけでも「5 x 6 = 30」本は入っているわけです。この写真に写っていない本棚の上には10年以上前に購入してそのままになっているものが200本はありますから、家の中には1000本くらいの弦があると言うことになります。・・・全くバカな話だとは、自分でも思います。

 予め申し上げておきますと、殊、低音弦に関して言いますと、とっくに錆びて、もう使い物にならないと言うものも相当数あります。本当にひどい話です。女房には内緒です。だって、金額にしたら相当なものですからね・・・。

 では、なぜこんなにも沢山の弦があるのかと言いますと、そもそも、私は3本のギターを使用しています。


1.三浦隆志 製作 6弦ギター(コンサートでいつも使うギター)

2.三浦隆志 製作 7弦ギター(コンサートでたまに使うギター)

3.JBucher (1830年頃)製作 6弦 19世紀ギター(そういう音楽の時にたまに使う)


・・・と、皆それぞれ適切な弦が違うわけです。それぞれに適合した弦を購入し、常備しなければなりません。

 数もさることながら、種類もかなりのものです。実は、・・・全くバカな話だとは、自分でも思っているのです。本当だったら、自分のギターに合った、1弦から6弦まで「6種類」の弦が、常備するにしても、せいぜい「10本」も用意しておけば、演奏会でも困る事は無いですから、家の中にには「60本」くらいの弦があると言うのが、本当のあり方なのだと思うわけです。

 では、なぜこんなにも沢山の弦があるのかと言いますと、・・・それは先ほども言いました。ギターが3本あるからなのですが、そのほかにも理由があって、私の気に入った音がする・・・、あるいは自分のギターがベストの鳴り方をする、そういう弦を選ぶ為には、あるいは、自分のギターがベストの状態でなる為には、楽器の状態の変化に応じて、いくつかの「弦のテンション」を用意しておかなければ行けない、というのが私の考えなのです。

 「弦のテンション」というのは各メーカーが「Normal」だとか「Hard」ダとか言っている、あの「テンション」です。「張力」ということですが、これはメーカ各社様々な種類、そして言葉の使い方も様々に、また最近は銘柄も様々になって、また材質も様々になって、一体何が何なのか、訳が分からなくなっています。

 先ず最初に申し上げておきたいのは、この「テンション」には十分に気を付けていただきたいと言うことです。これは、私達の楽器がどのように鳴り、どのような音を出してくれるかと言うことと、とても密接に関係しています。

 しばらくの間「なぜこんなにも沢山の弦があるのか」というお話をして行きたいと思います。お付き合いください。





| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

10月21日[土]
《ドゥブル Double 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM