新しょうが

 「新しょうが」を沢山いただきました。妻がひき肉と一緒に、佃煮のように調理してくれました。

 

 

SHOGA

 

 

 しょうがの歯触りと、さわやかな味が、ひき肉の味と相まって、とても美味しいです!

 

 


再び、入場者数の制限!

 「藤井眞吾コンサートシリーズ VOL.157」の《秋の音 Son d'automne 》は今週の土曜日(10月24日)に開催ですが、先にお知らせしておりました「入場者数制限の緩和」と言う方針を中止し、先月同様に「入場者数を制限(定員の半分)」して開催する事といたしました。

 

 

art-3

 

 

 当日件に関しては、空席がある場合のみ残席分だけ発効いたしますので、必ずお電話でご確認下さいますようお願い申し上げます(Tel. 075-972-2834)。

 

 

note

 

 

 今月に入ってから、コロナウイルス感染者数は高いレベルで横這い、ないしは増加の傾向を見せています。そういう中にあって感染防止対策の手綱を緩める事は合理性に欠けると判断いたしました。「聞きに行こうか、どうしようか?」と迷ってられた方々にには、今月も「入場者数を制限(定員の半分)」しての開催」であることを、今一度お伝えして、土曜日に「アートステージ567」でお会いできる事を期待することといたします。ご予約お待ち申し上げます。
 尚、今月のプレゼント編曲は「亜麻色の髪の乙女(C.ドビュッシー/藤井眞吾 編)」です。ご予約の際にお申込み下さい。

 

 


秋に聴きたい曲は・・・

 インターネットで「秋に聴きたい曲は?」と検索したら、何曲かあったうちの一曲で「亜麻色の髪の乙女(C.ドビュッシー)」がありました。なぜこの曲が「秋」なのかよくわかりませんが、「うん、悪くないだろう・・・!」と思い、今月のプレゼント編曲はこの曲です。ドビュッシーのピアノのための「前奏曲集 第1集 第8曲」です。

 

 

note

 

 

 今月から少しずつ「入場者数の制限を段階的に緩和」としていますが、どうもそのことが皆様に「え! 人混みになっちゃうの?! じゃあ、や〜メタ!」という不安を抱かせているのかもしれません。ここまでのご予約はとても少ないようです。あくまでも「段階的に」ですので、心配されずに是非いらしてください。きちんと感染対策は施しております。

 

 

note

 

 

 《秋の音 Son d'automne》は今週の土曜日、24日7時からスタートです。ご予約お待ちしています!

 

 


三連敗・・・!

 米粉パンがこの三日間、連続で失敗です。特に今日焼いたパンは、中がベタベタで、見た目が「遊星からの物体X」みたいになってしまいました。発酵が全然足りないのです・・・!

 

 

pan

 

 

 以前にも何度か同じような結果になったことはありますが、すぐに次の回から上手く焼けるようになっていました。その時は「水の量が多すぎた?」「米粉の質が悪かった?」「酵母自体が元気が無くなった?」などと推測し、その都度解決したように思っていたのですが、今回はどれも該当しません。天然酵母も古いものではないのですが、とりあえず三日前にこの結果が出て、すぐに新しい酵母を培養中です。明後日くらいには使えそうです。
 捨てるのはもったいないから、なんとか美味しく食べる調理法を考えます。

 

 


台風で川が増水

 昨日は夜通しでかなり雨が降りました。台風14号のせいです。
 昼頃は晴れ上がったと思ったのですが、時期に怪しいお天気になってきたので慌てて近所のスーパーへ・・・。

 

 

Kawa_1

 

 

 途中の川が増水していてびっくりしました。そういえばこの辺は昔はよく水があふれたところなのだそうです。

 

 

Kawa_2

 

 

 大きな亀が、ふわふわと流されていました。

 

 


外付けHDにバックアップ

 随分以前から習慣のように、起動ディスクを外付けの HD にそのままバックアップするようにしていますが、そのおかげで何度もシステムの不調などのトラブルに見舞われた時、外付けの HD でそのまま起動して、窮地を脱すると言う事を繰り返してきました。MacOS 標準の TimeMachine はどうも使い勝手が悪いので、私は Personal Backup というソフトを使っています。この SSD を買ってみました。
 

 

 

 

 

 

 

 十年以上前から「起動ディスク」とするにには Firewire で接続しなければ行けなかったので、ケースも専ら Firewire のものを使ってきました。しかしそれも今は必要なくなったので(かなり前の話ですが・・・)、USB 接続でも起動できるので、今回安いケースを買って、中には 1TB の SSD を載せました。

 

 

USB_01

 

 

 私の Macbook Pro は本体内部に SSD が二つ入っていて、起動ディスクも違うヴァージョンのOSで二つと言うことになっているため、このバックアップも 1TB を「500GB」二つのパーティションにしてバックアップします。

 

 

USB_02

 

 

 USB3.0 だと速度も全く問題ないのですね。快適です。外部からの起動も試してみましたが、速度も速く、問題ありません。やれやれ・・・。ケースも安い物を買いましたが(下)、全く問題ありません。長い間、Firewire に拘っていた事が本当に馬鹿馬鹿しくなりました。

 

 

 

 


スパゲッティー・ゴヤベーゼ!

 女房が家庭菜園で、ゴーヤを山ほど収穫しました!

 

 

Goya-2

 

 

 ゴーヤを使って、本来ならヴァジルで作る「ジェノヴェーゼ・ソース」のようなものを作って、パスタに見立てたタイビーフンで食べてみました。最高に美味しかったです。作り方は、主材料である「ヴァジル」を「ゴーヤ」に置き換えただけ。オリーブオイル、ナッツ各種、などをミキサー(ブレンダー)で作りました。そして「スパゲッティー・ゴヤベーゼ」と命名しました!

 

 

Goya-1

 

 

 きっと言われなければ、ゴーヤだと気づかないでしょう。これはオススメです!
 ところで、熟したゴーヤの中はこんなに鮮やかな、真っ赤な実になるという事を初めて知りました。食べると甘いのだそうです。・・・食べてみればよかった。

 

 

Goya-3

 

 

 あとのゴーヤは女房が料理に使ったり、それから毎朝の「野菜ジュース」に使っています。

 

 


演奏会が終了

 昨日「藤井眞吾コンサートシリーズ VOL.156《静寂 Serenity》」が終わりました。朝起きてみたら、秋らしい爽やかな天気だったのですが、会場についてリハーサルを始めると、雨が激しく降り始めました。まもなく止んだのですが、湿度は相当に上がってしまいました。

 

 

art-1

 

 

 入場者数を「半分」に制限しての開催です。

 

 

art-2

 

 

 ディスタンスをとっていると、聞き手にとっては快適のようです。

 

 

art-3

 

 

演奏曲目は以下の通り・・・・。

 

Program

 

1● ソナチネ 第2番 ト長調 作品71-2(M.ジュリアーニ)
  M. Giuliani (1781 - 1829); Sonatine No.2, Op.71-2
   i.   Andantino espressivo 3/4
   ii.  Andantino Grazioso 2/4
   iii. Allegretto con brio 6/8

 

2● 《月光》と《夢》(F.ソル)
  F. Sor (1778 - 1839); 2 Etudes

 

3● 夜と夢(F.シューベルト/藤井眞吾 編)*
  F. Schubert (1797 - 1828) ; Nacht und Träume Op.43-2(D.827)

 

4● 前奏曲、フーガとアレグロ BWV998(J.S.バッハ)
  J. S. Bach (1685 - 1750); Prelude, Fugue et Allegro

 

5●  《ポーランド組曲》より 三つの小品(A.タンスマン)
  A.Tansman (1897 - 1986); 3 pièces de la Suite «IN MODO POLONICO»
   i.   《東洋の子守唄》Berceuse d’Orient (Kolysanka No.1)
   ii.  《夢》Rêverie
   iii. 《ポーランド舞曲》Alla Polacca

 

6●  二つの前奏曲(H.V=ロボス)
  H. V-Lobos (1887 - 1959); Deux préludes
   - 第3番/第4番

 

7● 二つの小品(A.バリオス)
  A. Barrios (1885 - 1944); dos obras
   - 《フリア・フロリダ〜舟歌》 Julia Florida
   - 《ワルツ 第4番、ト長調》  Vals en Sol

 

8● 静寂(V.アセンシオ)
  Vicente Asencio (1909 - 1979); La Serenor

 

 

art-4

 

 

来月は入場者制限を少し緩和して開催の予定です。《秋の音 Son d'automne》10月24日(土)

 

 


予約は前日まで受け付け、当日券はありません

 26日のコンサートは、まだ入場者数制限(定員の半分)をし、当日券の発行は致しません。おいでいただける方は、ご手数ですが必ず明日までに予約いただきますようお願い致します。

 

 

note

 

 

 恒例のプレゼント編曲は「夜と夢(F.シューベルト)」です!

 

 


プレゼント編曲は「夜と夢(F.シューベルト)」

  • -
  • 2020.09.22 Tuesday
  • 12:02

 今週の土曜日(9月26日)開催の「静寂 Serenity(藤井眞吾コンサートシリーズ)」での「プレゼント編曲」は、F.シューベルト作曲の歌曲「夜と夢 Nacht und Träume」のギター独奏版編曲です。

 

 

note

 

 

 こんなに穏やかで、静寂に包まれた音楽があるなんて・・・! と、初めて聞いた時に思った、大好きなシューベルトの作品です。旋律と伴奏(ピアノ)のバランスがギターにはとても良くあっています。編曲ご希望の方は、ご予約の際に「プレゼント原曲 希望」と銘記ください。すでにご予約頂いている方は、マンサーナ宛のメールで追記頂いても結構です。

 

 

note

 

 

 残席に関してはマンサーナまでお問合せ下さい。皆様とお会いできる事を楽しみにしています!

 

 


| 1/98PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

10月24日[土]
《秋の音》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM