Green Sleeves to a Ground

 今週の土曜日は《グリーンスリーヴス Grenn Sleeves》のタイトルでコンサートなのですが、当初は昨年私が作曲した「グリーンスリーヴスによる様々な練習曲(Variable Studies on Green Sleeves/仮題)」を中心にプログラムを組み立てるつもりでしたが、色々調べたり練習したりしているうちに、昔リュートを弾いていた頃によくやった「Green Sleeves to a Ground」の事を思い出しました。
 これは18世紀初頭にイギリスで John Walsh によって出版されたフルートの為の曲集に含まれるのですが、曲集自体はもともと17世紀後半に出版された John Playford の「Vilon Division」がベースになっています。

 

 

Divisions Flute

 

 

 Ground Bass と呼ばれる繰り返される定旋律の上に技巧的な変奏を繰り広げると言う、当時流行した音楽の楽しみ方です。私の細君がリコーダーをやっていたので、結婚する前は良くこれをやりました。今回これをギター独奏に編曲してみたのですが、思いのほかいい具合に出来たので、今回はこれをプレゼント編曲にすることとしました。

 

 

Hyousi

 

 

 今日は少し暖かいですが、やはり週末のお天気はちょっと心配です。
 前売りチケットの予約は明日(23日)まで受付です。コンサートの詳細はこちらをご覧下さい

 

 


グリーンスリーヴス Green Sleeves

note

 

 

  今週の土曜日の「藤井眞吾 コンサートシリーズ」ではイギリスの古い歌「グリーンスリーヴス」をテーマにお楽しみ頂きます。
 この曲は世界中で良く知られた旋律ですが、F.カッティングによるリュートの為の編曲、またバロック時代に出版されたフルートの為の変奏曲集「The Divisions Flute」に含まれる「Green Sleeves to a Ground」をギター独奏用に編曲して、更には昨年私が作曲した「グリーンスリーヴスの変奏」などお聞き頂きます。プレゼント編曲にはこの「Green Sleeves to a Ground」を予定しています。他には「魔笛の主題による変奏曲 Op.9(F.ソル)」、「牛を見張れによる変奏曲(ナルバエス)」など。
 前売り予約受付中です!

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


相変わらずの寒波で・・・

 先日・・・、と言ってももう二週間前になるのですが、東京でレッスンをしていた三日間はとても良いお天気で・・・

 

 

shinagawa_1

 

 

 ・・・レッスンは勿論のこと、ちょっと屋外に出てもこんな感じで、とても気持ちがよかったのです。

 

 

shinagawa_2

 

 

 家を出たときは、外食がなかなか難しいのですが、品川駅の近くでこんなものを見つけたので、「ライ麦パン」なら少しはグルテンも少ないだろうと、久しぶりにサンドイッチを食べました。美味しかった!

 

 

shinagawa_3

 

 

 7日に京都に戻ってきたのですが、実に寒い!
 そうこうしているうちに、バレンタイン。ソロモンにいる娘がわざわざネットで注文して送ってくれたチーズケーキがとても美味しかった!

 

 

valentine_1

 

 

 生徒からも頂きました。(ただし、生徒は小学二年生で、そのお母さんからですが・・・)

 

 

valentine_2

 

 

 今月のコンサートも一週間後に迫りました。今回は「グリーンスリーブス」を中心に私の作曲した変奏曲や、ソルの「魔笛の変奏曲」などをお聞き頂きます。前売り受付中です!

 

 

note

雪が凄い!

snow

 

 

 実家に来ています。北海道北斗市、函館の隣です。伊丹からのフライとは無事に予定通り到着、が思っていた以上に雪が多く、実家の庭はこんな状態です。お天気は良いのですが、明日は吹雪になるかもしれないとの予報。明後日は東京でレッスンですから、日曜の朝の便がちょっと心配です。

 

 


悪天候の中ご来場ありがとうございました!

January

 

 

 日本全体が寒波に襲われていますが、京都も例外ではありません。特に演奏会のあった27日は市内でも、そして前二日間は北部でもかなりの降雪がありました。今回も東京から来る予定の人も居たので、新幹線の運行状況や、京都までの道路事情も心配でした。当日は午後になって晴れましたが、気温は低く、はたしてお客さんが来てくれるだろうかと心配で一杯でした。
 当日になって若干キャンセルは出ましたが、雪道の中来てくれた人、交通機関を乗り継いで来てくれた人、寒さに負けずやってきてくれた人・・・、そういった人達のおかげで今年最初の「藤井眞吾 コンサートシリーズ」を無事に終える事ができました。私も演奏会を終えて、新しい「力(ちから)」が湧いてきたような気がしました。

 

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 

 


本日は《一月一日 january 1st》

 本日は「第130回 藤井眞吾コンサート・シリーズ《本日は《一月一日 january 1st》》」です。お昼現在、私が住む八幡市はお日様が出ているのですが、京都市内は今朝かなりの雪が降ったそうで、やはり交通の混乱などが心配されます。遠方からおいでの方は十分お気をつけ下さい。

 

 

note

 

 

program note

 

 子供の頃は師走の慌ただしさから正月の陽気さにかけて、この頃のわくわくした気分が大好きでした。それは私だけではないでしょう。日本人にとっての正月の高揚感は、西洋の方々とはちょっと違うのではないかとも思います。また「一年の計は元旦にあり」などという感覚も私達独特の事なのかもしれません。ギターの演奏を生業としてからは、正月と言うよりも、一年の最初の演奏会がそれに相応するような気分になってきました。だから私にとっては今日が「正月」なのかもしれません。

 「一月一日」と言う曲は、最初の文部省唱歌集に収められた曲で、国歌に準ずるような位置づけの歌であった筈ですが、戦後しばらくは歌っていましたが、いつの間にか過去のものとなってきたようです。それを復興させようなどという気は毛頭ないのですが、ただ明治の初期に日本の楽人がこんなに素敵なメロディーを作り上げていたと言う事に、ただただ感動し、演奏しています。

 宮城道雄氏は時代も、そして邦楽の世界に於いても、丁度クラシックギターに於ける「アンドレス・セゴビア」の様な人であったと思うのですが、西洋音楽を強く意識して作曲された「春の海」は、尺八と事の対話のなかに、初春の海辺に聞こえる潮騒や、舞い踊る小鳥たちの姿を見事に描写しています。この曲をギターで演奏すると言うのは、私にとってまさに「正月」に相応しい事だと永く思っていました。  2018年の「藤井眞吾 コンサートシリーズ」をお楽しみ頂ければと、心より思っております。

 

 

(藤井眞吾 2018年1月27日)

 

演奏曲目はこちらのサイトでご覧下さい

 


週間天気予報・・・

tenki

 

 

 土曜日(27日)はコンサート、気象庁の週間天気予報によれば「京都府南部=曇時々晴」なんだけど、北部は「曇一時雪」・・・。う〜ん。遠方からお出で頂く方は、交通事情など、十分にお気をつけ下さい!

 

 

 コンサートの情報は、こちらです。

 

 

note

再びバッテリー交換

battery_1

 

 

 五ヶ月前、去年の8月に MacBook Pro のバッテリーを自分で交換したのですが、一ヶ月ほど前から不安定になり、寿命も加速度的に短くなり、とうとう交換をしました。今回買ったのは World Plus製のもの(6590円)です。

 

 

battery_2

 

 

 箱を開けると、ドライバーが二本入っていて、とても親切です。こういう作業の時には作業箱をひっくり返しながら、Mac専用のドライバーを捜したりしていましたから、大助かりです。

 

 

battery_3

 

 

 ふたを開け(ネジは無くさないように・・・)、古いバッテリーを取り外します。これは 4000円くらいで買ったものですから、まあ値段相応だったのかもしれません。

 

 

battery_4

 

 

 World Plus の新しいバッテリーを取り付けて、蓋を閉めて、作業完了。慣れた作業なので簡単でした。

 

 

battery_5

 

 

profile

 

 

 起動後、バッテリーが3%になるまで待って、それから100%まで充電(取扱説明書にあった指示通りに・・・)。充電中のプロフィールで確認すると、完全充電時の容量が「6146mAh)」とありましたが、丁寧に使っていけばしばらくは持つでしょう(前回のは 5224mAh でした)。

 

 

JUGEMテーマ:Macintosh


マウスを新調

mouse

 

 

 長年愛用していた ELECOM の無線マウスがクリックの調子が悪くなったので、ネットで激安ものを購入してみたら、どうもしっくり来ず、今日 YAMADA で写真の、BUFFALO 製の無線マウスを購入しました。快適です。
 なんと、YAMADA のポイントがけっこうたまっていたので、結局「ポイント+184円」で買う事ができました。お買い得!

 

 


パン切りナイフ

knife-1

 

 

 今年最初の「米粉パン」を焼きました。そして、生徒がプレゼントしてくれた「パンきりナイフ」でカットしたら、こんなに奇麗に切れました! パン焼きだけでなく、演奏も味わいを深めるように、そしてこのパン切りナイフのように切れ味鮮やかな演奏が出来るように、頑張りたいと思います。・・・年頭の誓いでありました!

 

 

knife-2


| 1/69PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

2月24日[土]
《グリーン・スリーヴス Greensleeves 》


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM